大人の塗り絵教室&中小企業経営者コーチ「須貝光一郎の大人のぬり絵」

大人の塗り絵教室&中小企業経営者コーチ「須貝光一郎の大人のぬり絵」

2017年 02月 19日

朝一番の時間に気持ちを書き出す

私は都心から少し距離のある地域に住んでいます

都心に仕事で出かける時に必ずいている事があります

 

多くの人が働く都心に通勤電車で出るとまずは珈琲が飲めて

自分の時間に集中出来るコーヒーショップに入ります

手頃な価格の珈琲が飲める良くある○○コーヒーなどが多いです

 

珈琲を受け取るとまずは適当な席に着き毎日書き込みの出来る

小さなノート(メモ帳)を出します

そして、そこに今考えている事や気持ちなどを書き出します

気取らず感情をそのままに

あるいは前日に起きた出来事で感じたこと

家族との事

ふと思い出した事

今日したいと考えいる事、あるいは予定で何をするか

 

時間を掛けずに殴り書きでも気にせずに書いて行きます

ただし、時間はあまり掛けずに5分以内で書きます

 

なぜこれをするのか?

仕事に向かう前に気持ちの整理と頭の軽いウォーミングアップになるからです

感情を書き出すと変に残っていた怒り、悩み、不満、わだかまりなどが書き出す

事でスッキリと無くなるのです

忘れようとしている事は実は心や頭のどこかに残っています

それを書くことで浄化出来るのです

ただし、忘れようとか心を整理しようと意識を置いて思って書き出す

事はしないようにして下さい。

かえってその事が引っ掛かる事になってしまうからです

 

ノートに思いや感情を書き出す

さぁ、仕事を始めるか!

という気持ちが大事ですね