下塗りのちょっとしたコツ

私のお伝えしている大人のぬり絵の塗り方ですが

下塗りに明確な違いを最初に付けておくということです

 

フラワーアレンジメントのように多くの花や葉が重なっていて

暗く見えるところがあると思います

そんな時皆さんはどのような下塗りをしますか?

 

私は敢えて暗い所を先に暗い色で下塗りをします

葉が重なって緑が深い紺色や暗く見えるような時です

 

上の椿のぬり絵の暗い所は最初に焦げ茶色をした塗りしました

その上で緑色や紺色を場合によっては赤色を塗り重ねていきます

こうすることで明暗がハッキリして花や葉の重なりがより上手く

描けるのです

 

またこの時に暗いところと言って黒色を塗りたくなる方が

多いかもしれませんが注意して下さい

意外と黒色は深みが描けないと思います

奥行や深みは多くの色の混色で暗さを表現してください

きっと思ったよりも深みや厚みのあるぬり絵が仕上がるはずです

関連記事

作品展は好評でした
昨日まで開催しておりました「風のやすみば」さんでの大人の塗り絵作品展も好評いただき無事に修了しました。作品を見に来て下さった方からも今後塗り絵アート教室に参加したいとのご連絡もいただきとても嬉しく思います。また機会をつくり色々なコミュニティーでこのような事が開催できればと考えています。ご質問やご相談のある方はいつでもご連絡下さい。……
塗り絵をコツコツと長く続けると成果は必ず現れる
5年前にある病院のデイケアで大人の塗り絵を体験したと ご依頼を受けて私と出版社、画材屋さんと伺いました その時は大人の塗り絵とはどういうものなのかを説明して バラの花の塗り絵を体験していただき皆さんが感動して下さったのを 覚えています   その後毎年1回大人の塗り絵教室を開催していただいております 本日はその大人の塗り絵教室に伺いまし……
自らの作品を発表することは大事
今月の12日、13日と私が講師を務めさせていただいている葛飾にある「葛飾塗り絵くらぶ」の皆さんが大人の塗り絵作品展を開催されました どんな事でも学んだり挑戦していることがある場合はその成果を発表して多くの方に見ていただくことがとても大事だと思います 人は学び成長をして行きますが、その成長を確認するにはそれを発表してフィードバックを貰うこと……
全体を再度観察して色を塗る
昨日あるサークルのメンバーの方から花の塗り方で質問を受けましたタンポポの塗り絵でした 皆さんもご存じのようにタンポポの色は黄色というイメージが湧くと思いますしかし、良く観察すると黄色ではなくオレンジ色だったり緑や赤、茶色などが見えてきますねこれを黄色の上に重ねて色を出していくのです ただし、大事なのはベースになる黄色をしっかりと下絵を見て……