大人の塗り絵は色探しと色作り

大人の塗り絵

大人の塗り絵の講師をさせていただき15年が過ぎました

色々な所で大人の塗り絵の楽しさをお伝えしようと頑張ってきたつもりです

今も多くの方と塗り絵サークルや塗り絵教室でしていますが

皆さんから質問を多くいただくのが

「何色と何色を混ぜれば色が出せるのですか」

「ここに何色を足せばいいのでしょうか」

「色をどう出せばいいのか分かりません」

という質問を受けます

私は大人の塗り絵はまずは下絵(見本絵)をよく観察することだと思います

色を探すのも大事ですが、下絵が何を表現しようとしているのかを探ること

そのためにはモチーフが作者にはどのように見えて、どう表現しようとしているのか

これも下絵を観察することなのです

そうするとモチーフの色の意味が見えるのではないでしょうか

いつもこんな事を伝えて更に下絵をよく観察していただいています

ちょっと変な講師ですね

たかが塗り絵、されど塗り絵なんです

関連記事

大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑨
基本に戻ってここが大事です! 色鉛筆は絶えず削り尖らせて塗る(思う所に色が塗れる)   皆さんは色鉛筆を使う時に芯はどのようにしていますか? 「あまり気にせずにただただ塗っている」 「折れないようにあまり尖らせない」 という方が多いように感じています  ”私は色鉛筆は絶えず尖らせてください” 色を一所懸命に塗っていると気づかない……
11月23日第105回生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり……
21日(月)第37回「心との会話塗り絵カフェ」開催します
今回で3年を超えて4年目に突入する「心との会話塗り絵カフェ」ですが今まで何度もネーミングを変えてきました それは私が求めている塗り絵をどのように皆様にお伝えすればよいのかいつも考えていてしっくりくる名前を探しているからです 私は大人の塗り絵インストラクターですが、私の思う塗り絵を皆様にどのようにお伝えすればその効果が理解していただけるか思……
17日塗り絵教室の風景
今日は田園調布で「働く人のための心を整える塗り絵教室」を開催しました テーマは働く人が日々の忙しい生活の中でちょっとの時間を使って心を穏やかな状態にするのには塗り絵が役立つ、その効果は心の浄化されその後の思考の時間にも良い効果があるということです 何も考えない時間を作るのはとても難しいですしかし、一つの事に集中する(没頭する)ということは……