自分らしい生き方とはどんな生き方なのかな

最近の風潮は仕事は仕事として割り切りプライベートを充実する

方が良いのではないかという考えがあると私は感じます

 

確かに「あなたは何が人生で何が欲しいですか?」

という質問をすると

「特にこれというものはありません、楽しく生きていければいいです」

という回答が返ってくることが多いと感じています

 

では、別の質問をします

「あなたがあなたらしいと思うことはどんな事ですか?」

その答えはあなたの主観で答えられる思いますがそれは本当でしょうか

思い込みではありませんか?

 

何かを比較した時に違いを感じる

そしてその事に意味づけをして自分で納得してしまうのだと思います

 

では、あなたらしい生き方とはどんな生き方ですか?

そんな生き方をしていますか?

そんな生き方をしたいと思いますか?

多分その答えは「はい、出来れば」ではないしょうか?

 

これからの世の中はこれを求める事が大事になると思います

具体的にどうするか、どう生きるか

こんなことを時間を作り考えてみませんか

関連記事

60歳以降をどう生きるか?
私は今年62歳になりました 私が銀行員として現役で働いていたころには60歳は定年の年でした 60歳以降は退職金を貰い年金で悠々自適に余生を楽しむという考えが 一般的だったと思います   今更ですが現在はそのように生きられる人はとても少ないのではないでしょうか 年金としてあるいは貯蓄として生活がしっかりできる方もいると思いますが 以前の……
9月23日(水)第80回 生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり……
鉛筆画で都展の入選しました
この度55周年記念「都展」に入選する事ができました 今回は色鉛筆画で「憩いの時」という題名です 色鉛筆は大人の塗り絵のメインの画材として長く活用してきました 今回の絵は20号という大きさで色鉛筆で描くには時間がかなり掛かりました   ・都展は11月19日(火)から24日(日) ・上野公園・東京都美術館(2階 第3・4展示室) ・入場塗……
大人の塗り絵で自然に身に付くすごいスキル①
今回から3回にわたって”大人の塗り絵”に取組んで身に付くスキルについて書いて行きます   1、 下絵を深く観察するという事はそのもの自体に興味を持ち視覚以外の点にも深く入る事になる。すなわち、傾聴力の耳で聞くだけでなく目で見る、心で感じる事が出来るという事です 2、 理想の下絵を深く観察するという事は、その意味を考える事になり色々な角……