大人のぬり絵は違う世界を見せてくれた

いままでも書いてきていますが私は絵に関しては素人です

 

全く絵に関わることには縁がありませんでした

ただし、人生の半分を過ぎたと感じた時に絵との繋がりが始まりました

 

「絵を描いてみたい」

40歳の時に思い付いたのです

とても地味な考え方でしたが60歳まで絵を描いていればそれなりの絵

を描けるようになるだろうと考えたのでした

 

しかし、世の中はそんなに思いうようには続きませんでした

経済的な理由から絵を習うのを止めました

 

それから7年後に大人の塗り絵と出会ったのです

それも自ら望んで大人の塗り絵をしようと思ったのではありません

偶然私を見ていた方が勧めてくれました

「須貝さん、塗り絵の講師になりませんか?」

「私で大丈夫なのですか?」

「大丈夫です、少し学んでいただければ」

「はい。では挑戦しみようかな」

 

そして絵の専門の先生から塗り絵を教わりました

画材の使い方、色の塗り方、色の構造、絵の教え方…

大人の塗り絵を始めて描きました

衝撃的でした

自分が名画を描いたのです

それも自分がビックリするくらい上手にです

 

この感動をもっと多くの方に教えたい

”絵が描けない自分が絵を描けた”

この嬉しさです

 

ここから私の大人の塗り絵講師が始まりました

全くいままで関わったことのない新しい世界です

 

関連記事

コロナを避けて森林浴をする
コロナによる外出自粛が続いてきました 6月1日からはステップ2気持ちも変わり仕事や学校へ動きだしました その前日家に籠っていた長い日のストレスを開放するために 3蜜を避けて奥多摩まで行ってきました   奥多摩駅前は殆どお店も休業中で人も少なかったです 多くの木に囲まれ澄んだ空気を味わうことが出来ました 奥多摩に来たのは10年振りくらい……
9月23日(水)第80回 生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり……
都展に今年も出展しました。
今年も東京都美術館で都展が開催されました 11月1日~8日までの期間多くの方が来場していただきました 本当にありがとうございました 私は今回で3回目となりましたがやはり自分の絵の未熟さを 改めて痛感しました 次回に向けて更に修練を積んでいこうと思います ……
経営者が描くビジョンで社員を動かす
経営には”ビジョン”が必要であると言われる そのビジョンを社員に浸透している経営者はどれだけいるのでしょうか 「いつも言っている」 「機会があれば言っている」   経営者はそのビジョンを心から描き作っていますか そこに向かって自ら行動しているのでしょうか 社員が共感して行動しなければ会社は成長・成功しません   今の時代……