忙しい毎日の中で余裕を持てたらいいな

私も以前銀行員として働いていた時は

毎日毎日遣ることがいっぱいあって余裕などは全く持てませんでしたが

できれば欲しいなと思っていました

 

どこかに出掛けるとか新たな趣味を始めるためにどこかに通うとか

できない中でどうしたら余裕を持てるのでしょうか?

 

余裕とはどんなことなのでしょうか?

余裕は自然にできてくるのでしょうか?

実は自ら余裕は作らなとできないのです

余裕とは自らのための時間をつくることだと考えています

 

時間を作るといっても多くの時間をはじめから作ろうとしても難しいです

例えば、毎日15分ならば作れませんか?

15分で何ができるか?と思い方もいらっしゃると思いますが

この短い時間を意識して自分のために作ることは大きな変化を起こします

では、何をすれば良いのかと思いますね

簡単なことで構わないのです

 

私のお教えしている大人のぬり絵はそのひとつのツールです

ぬり絵を15分だけすることです

ぬり絵作品は直ぐには完成しませんがそれが良いのです

”線画にひたすら色を塗るのです”

会社のオフィス、自宅でもあるいは帰りのカフェなどでも良いのです

 

では、どんなぬり絵をすれば良いのでしょうか?

この点はまた次回にお話したいと思います

関連記事

2年ぶりに胡蝶蘭が咲きました
2018年7月に初めて個展を文京区西方にあるギャラリー”river”さんで 開催しました その時に大人の塗り絵教室の生徒さんからお祝いに胡蝶蘭をいただきました 個展終了後も長く綺麗に咲いてくれていました しかし、やはり生き物ですから数か月後には花は枯れてしまいました   それから2年が経ち何と花がまた咲いてくれました 普段妻が世話をや……
名画塗り絵(色鉛筆)時間が掛かりました
ご紹介が遅くなってしまいましたが名画塗り絵をお見せしようと思います 作成の期間は2年ぐらい掛かってしまいました フェルメール編「地理学者」   色を作っていくのが結構大変でした 2年と言っても始めてからしばらく塗っていませんでした   今は額に入れてサークルの皆さんの作品展などに出展させていただい……
1月30日(水)第62回生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり、その絵の……
100分の大人のぬり絵は心を整える
今日は日野市公民館高幡分室で大人のぬり絵サークルでした   生徒さんはバラの花、百合の花、ダリアの花、スイカなど 色々な塗り絵に挑戦していました 私も少し時間をいただいて先日途中まで塗った塗り絵を完成させました     まだまだ塗り足りない所もありますが まあまあの出来栄えかな?   この作品完……