基礎を学ぶ②

今日はさいたま新都心でirデッサンの勉強でした

前回の続きを描きました

鉛筆で色を表現するこては難しいです

基本が出来ていない自分にはどのようにすれば良いのかが全く分かりません

鉛筆の硬さを変えて表現するのだろうというのは何となくわかるのですが

赤色はどの鉛筆で描けば良いのか、どのように色を付ければよういのか

黒色はどうすれば、質感の違うものと黒色をどうすれば良いのか

毎回悩みながら少しずつ試すことを続ける

紙は傷み出して思うように描けなくなってくる

ああ、どうしたらいいのか?

毎回デッサンは格闘ですね

けれどとても楽しい時間です、これからも修行をしていきます

関連記事

都展出展を終えて思うこと
先月18日~24日開催されて都展に入選して作品が展示されました 今回で2回目の出展となりましたが改めて出展作品を見て まだまだ自分の絵は未熟だと感じました 絵が堅いのです ご指導いただいている先生にこの点を伺うと 「まだまだ描き込みが足りないということだね」 「もっともっと描けば柔らかさも出るのじゃないかな」 ……
7月15日(日)個展が終了しました
私にとって初めての個展が本日無事に終了しました 多くの方にご来場いただきとても嬉しかったです この個展開催は40歳になった時に決めた「60歳個展開催」という目標で 1年遅れてしまいましたが何とか達成することが出来ました   今後もしっかり絵の勉強をして2回目の個展が開催できるように頑張りたいと思います 多くの……
4月25日(水)第53回 集中力アップ!ビジネス脳が冴える大人のぬり絵カフェ
集中力アップ!ビジネス脳が冴える塗り絵カフェ 皆さんは“ぬり絵”にどんなイメージをお持ちですか? 「子供の頃にやった」「色を好きに塗って仕上げる」「色を塗るだけで面白くない」 そんな概念を変えるのが“大人のぬり絵”です。現在、東京中心に神奈川、埼玉でサークルや教室で大人のぬり絵をお教えしています。 大人のぬり絵講師として10数年“大人のぬり絵”の楽し……
経営者が描くビジョンで社員を動かす
経営には”ビジョン”が必要であると言われる そのビジョンを社員に浸透している経営者はどれだけいるのでしょうか 「いつも言っている」 「機会があれば言っている」   経営者はそのビジョンを心から描き作っていますか そこに向かって自ら行動しているのでしょうか 社員が共感して行動しなければ会社は成長・成功しません   今の時代……