趣味を持ってみたいと考えた

かつて銀行に入社した時には仕事仕事の毎日を送っていました

かなり前のはなしですが(30年以上も前)

 

学生時代はスキーにかなり凝っていて冬になると1か月以上

スキー場に居たくらいです。

社会人になっても続け人生の趣味にしたいと考えていましたが

実際には出来ませんでした

 

しかし、銀行に勤めて40歳を迎える時にふと趣味を持ちたいと

感じました

会社でのキャリアのことや自分の社会人人生を考える機会が増えてた

時でもあります

 

考えた趣味はアート的なことを何かしたいということでした

選んだのは絵を描くことでした

結構、絵を描く趣味は経済界の名だたる人もしていると思います

実はこの絵を描くことが私の人生を変えました

この体験は仕事では味わえない多くのことを学ぶ機会になりました

答えの無い世界

普段合わないような人達との交流

集中する時間

物を創り出す喜び

などなど

 

実はこれが現在の自分の在り方を気づかせてくれたのです

ここから色々な出会い特にシンクロニシティが生まれました

 

その機会をどうするか?

踏み出すか、言い訳をしてやめてしまかで人生は大きく変わるのですね

 

関連記事

生きる目的を考える時
一人で仕事をするようになり10年以上が経ちました 人の役に立つという目的で仕事を探す日々を続けて やっと自分の思いを遂げられる仕事はこれかなと感じて 学びそれにチャレンジしてきました   人のどんな役に立てるのか分からずに転職を続けてその仕事を探しました 無謀で無知でしたがそんな思いに駆られていたのです 実はどんな仕事でも人の役に立っ……
4月22日(水)第77回生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり、その絵の線画……
何かを身に付けるのに大事なことは
私は以前も書いいたと思いますが40歳の時に仕事以外で 何かを身に付けたいと思い絵を描くことを始めました   40歳は私にとっては人生の折り返し地点だったのです 後半人生は新たなものを身に付けて一生涯の遣り甲斐を見つける という思いからでした 今の時代だったら”独立起業”もあったかもしれません   そして絵を習い始めたのです……
友人とのカフェタイム
今日は大学時代の友人と1年半ぶりにカフェで話をしました   友人とは大学1年生の時に始めて同じクラスになり話をしました お互いに2年浪人をして大学に入ったという理由もあり仲良くなりました その後学生時代は当然に社会人になってからも色々と話をしたり お互いの結婚式にも呼ばれ呼んだり、家族も含めて親しくお付き合いを させていただいています……