趣味を持ってみたいと考えた

かつて銀行に入社した時には仕事仕事の毎日を送っていました

かなり前のはなしですが(30年以上も前)

 

学生時代はスキーにかなり凝っていて冬になると1か月以上

スキー場に居たくらいです。

社会人になっても続け人生の趣味にしたいと考えていましたが

実際には出来ませんでした

 

しかし、銀行に勤めて40歳を迎える時にふと趣味を持ちたいと

感じました

会社でのキャリアのことや自分の社会人人生を考える機会が増えてた

時でもあります

 

考えた趣味はアート的なことを何かしたいということでした

選んだのは絵を描くことでした

結構、絵を描く趣味は経済界の名だたる人もしていると思います

実はこの絵を描くことが私の人生を変えました

この体験は仕事では味わえない多くのことを学ぶ機会になりました

答えの無い世界

普段合わないような人達との交流

集中する時間

物を創り出す喜び

などなど

 

実はこれが現在の自分の在り方を気づかせてくれたのです

ここから色々な出会い特にシンクロニシティが生まれました

 

その機会をどうするか?

踏み出すか、言い訳をしてやめてしまかで人生は大きく変わるのですね

 

関連記事

2019年の大人の塗り絵総括
今年も多くの皆様と大人の塗り絵と楽しむことが出来ました サークル、大人の塗り絵体験教室、大人の塗り絵教室などにご参加いただいた 人数は延2200人でした 皆様に大人の塗り絵の楽しさをお伝え出来て幸せでした 今年は改めて大人の塗り絵の奥深さを感じた年でした 福祉施設様でも大人の塗り絵の楽しさをお伝えしてきましたが 塗り絵するの目的が少し違い思う……
15年振りとなる長崎訪問
先週約15年振りに長崎に行きました 以前の仕事とは違うコーチという立場での仕事でした 第一印象は「変わっていない素敵な街」 彩り、空気、街並み、美味しいちゃんぽん ランタン祭りの前日ということで街は華やかに彩られていました   自分の人生を振返るいい機会となりました 3月また伺いますが時間をもう少しつくり更に懐かしい場所へ足を延ば……
基礎を学ぶ②
今日はさいたま新都心でirデッサンの勉強でした 前回の続きを描きました 鉛筆で色を表現するこては難しいです 基本が出来ていない自分にはどのようにすれば良いのかが全く分かりません 鉛筆の硬さを変えて表現するのだろうというのは何となくわかるのですが 赤色はどの鉛筆で描けば良いのか、どのように色を付ければよういのか 黒……
大人のぬり絵は違う世界を見せてくれた
いままでも書いてきていますが私は絵に関しては素人です   全く絵に関わることには縁がありませんでした ただし、人生の半分を過ぎたと感じた時に絵との繋がりが始まりました   「絵を描いてみたい」 40歳の時に思い付いたのです とても地味な考え方でしたが60歳まで絵を描いていればそれなりの絵 を描けるようになるだろうと考えたの……