塗り絵をすると意外な効果がある

以前からお伝えしていますが子供の頃から学んできたわけではありません

また、絵のセンスは正直ありません(現状では

 

しかし、大人の塗り絵を10年以上皆様に楽しさをお伝えながら

多くの塗り絵をしてきました

塗り絵は絵が描けないと諦めていた方に絵を描く楽しさを

感じていただき満足をしていただきました

塗り絵のコツや塗り方をお教えながらいつも言っているのは

”下絵をよく観ること”です

多くの方は下絵を思ったよりも観ていないです

ある程度見るといままでの経験や概念で塗り絵をしてしまいます

すると絵は思うように描けないのですね

 

下絵を一緒に見ながら色について質問をすると

「本当だ、そんな色が見えますね、もっとよく観なくては…」

「見ているようで実は見ていないのですね」

と気づかれます

ここから観察力が自然と上がっていくのです

下絵も色々は作品がありますが

名画の塗り絵は特別で観察がより大事になります

皆さんがご存知の名画を塗り絵をするのはこの観察力が必要です

 

上手に塗り絵をする生徒さんを見ていると

正にこの観察力がかなり高いのです

大人の塗り絵をしていると観察する力がアップします

観察力は塗り絵だけでなく人生にも大きは意味があるはずです

観察力は視覚だけはなく五感が必要です

観察力から洞察力へと繋がっていくのです

関連記事

経営革新セミナーに参加して学ぶ
12月1日月初めに経営革新セミナーに参加しました 今回の主催者は以前コーチングのクライアントの税理士さんでした   久しぶりにクライアントに会って成長した姿が見れてとても嬉しかった とても勉強家でセッションを思い出しました このように人の成長する姿を見れるのもコーチの遣り甲斐になりますね   また経営者の抱える課題についても……
中小企業経営者コーチは何ができるのか?
中小企業経営者の方を専門に経営者コーチをしています 中小企業経営者は皆さん経営のプロです 私は業務に関することではなく経営者個人をコーチングしています   会社の状況や会社に対する思いをまずは伺います 皆さん経営に熱く強い思いをお持ちになっていていつも感動しています 会社の歴史やご自身の経歴や体験をお話していると自然と笑顔と力が漲ってき……
支援するということ
コーチングは人を望む姿へと支援することだと考えます 決してコーチが考えているゴールに導くことではありません   クライアントが望む成長を対話を通じて支援する 自分勝手に役に立とうと考えて色々と行動をさせて変化成長させる ことではありません   例えばクライアントにゴールを明確にする支援をする時に コーチが勝手にゴールを描く……
変化を起こしたいと思うときは何が起きるのか?
何か変化を起こしたいと思ったときすぐに行動できるのか?   変化を起こしたいと思った瞬間はすぐに動こうと思います しかし、動けるときと動けないときがあるのです 時間が経つとその思いはだんだん薄れて行動できないことの 理由探しをして動けないことを肯定化してしまいます   コーチとしてクライアントと対話をして 「○○しよう!」……