今の環境・働き方から離れ新しい生き方を歩む

新型コロナウイルス感染症は猛威を奮っています

今は自宅に籠り感染を広げないことが個人のできる使命ですね

働けない不安、生活不安、将来に対する漠然として恐怖と

色々と心を攻めてきます

 

私は個人的には43歳の時に勤務先銀行の破綻という経験をしました

この時も今とは違いますが生活や将来の不安でいっぱいになりました

その時思ったのは自分の出来ることは何かということでした

家族は守り子供達をしっかり育てること

部下が将来をどのように考えて生きて行こうと考えているかを聴き

支援することでした

破綻から半年して部下のこれからの進路が見えた時に銀行を辞めました

 

そこから自分の人生をもう一度見直して

「どんな生き方がしたいのか」を考えて新たな働き方、生き方を探しました

47歳の時に身近な人の死ということを体験して遣りたいことを見つけました

 

人生には必ず人生の転機というのがあると思います

今回の新型コロナウイルス感染症は世界を変えるような歴史的な出来事だと思います

これは必ず終息します

その時世界は大きく変わると私は思っています

新たな働き方、生き方に進路を変更するチャンスかもしれませんね

シニアの方も人生100年時代です

再度チャレンジする時間はあります

コーチとして皆様をご支援して行こうと思います

 

関連記事

10月26日 第103回 生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり……
塗り絵が上達すると次に何が起きるのか?
私は大人の塗り絵講師をして11年を越えました いままで多くの方と大人の塗り絵を一緒に楽しみながら塗り絵を お教えしてきました   最近サークルメンバーの方から話しかけられました 「大人の塗り絵をしてきて自分なりに思うように塗れるようになりました そんな中で最近はアレンジを描くことが面白くなってきます 塗り絵から簡単なスケッチ出来るよう……
葛飾区シニア活動支援センターでの大人の塗り絵教室が終わりました
本日葛飾区シニア活動支援センターで行っていた大人の塗り絵教室 全8回コースが終了しました 今回もご参加いただいた皆様はとても上手に大人の塗り絵を完成されました 毎回初めて参加の皆様ですが8回の講座で見事に塗り絵をマスターされます ただ大人の塗り絵はここからがスタートだと考えています   色作り、混色、消しゴムの使い方、塗り方の工夫………
母の7回忌に思う
先日13日は母の7回忌でした 親族だけの法事でしたが改めた母への感謝の日となりました   母は父が亡くなってから少し認知がはじまりました ある時私と二人きりで話をしていると突然幻覚が見えたようで ”やかん”を見て人がそこにいると言い出し不安になったようで機嫌が悪きなり 話が出来なくなりました 私は「そうなんだ、俺にはそれが見えないな」……