大人のぬり絵で感じること

私はほぼ毎日大人のぬり絵に関する仕事をしています

そこで多くの方の塗り絵作品を拝見していますがどの作品も本当に丁寧に

色を塗られて驚いています

その中で生徒さんから質問を受けるのですが

「ここの色が思うように出ないのですが何色を塗れば良いのですか?」

その時私は下絵を更に良く見る事にしています

この時は色を見るのも当然ですが描かれている絵がどんな思いで描かれているのか?

その物の質感や構造をしっかりと考えてみます

ここで時間を掛けて下絵を見ている内に色々と考えて行きます

「〇色と〇色がここで混ざっているけどその意味は」

「ここの青色は他にどんな色が混ざっているてどう塗ればこの色が出るのかな」

「まずはこの色を塗ってみたけど、次に何色を塗ろうかな」

「ちょっと離れてこの絵を見てみてはどうかな」

「光の強さをどう描いているのか」

「ここの色は濃すぎるのではないかな、どの消しゴムを使うと上手く行くかな」

「バランスが壊れていないかな」

などなど色を塗りながら色々と考えが進んで行くのです

この時の手には使いたい色を8本~10本位の色鉛筆を持っている状態になっています

時には持ちきれなくなり落としてしまうこともあります

次から次へと色を探して感覚を強めて塗り進めます

正に”フロー状態”になっているのです

ちょっと生徒さんに呆れらることもありますが集中しちゃっています

 

その後私は何とも言えない充実感を感じることができるのです

これも大人のぬり絵の効果なのですね

皆さんもこんな体験をしてみたいと思いませんか?

そう思ったらぜひ大人のぬり絵教室にご参加下さい

そして一緒に大人のぬり絵を楽しみましょう!

関連記事

都展出展を終えて思うこと
先月18日~24日開催されて都展に入選して作品が展示されました 今回で2回目の出展となりましたが改めて出展作品を見て まだまだ自分の絵は未熟だと感じました 絵が堅いのです ご指導いただいている先生にこの点を伺うと 「まだまだ描き込みが足りないということだね」 「もっともっと描けば柔らかさも出るのじゃないかな」 ……
散歩の時間が人生を変えた
11月に入りまだまだ天候は安定していませんが散歩には最適の時期となりました 皆さんは散歩をしますか?   私は時間を敢えて作って散歩をしています 自宅からちょっと距離のある駅まで散歩をしたり、仕事帰りに敢えて遠回りをして 街を散策しています   私にとってこの散歩の時間は色々と考える時間にもなっています 誰にも邪魔されず周……
シニア起業家の皆さんを支援したいと思います
昨年シニア起業家を目指している方に向けてのセミナーでパネラーを 務めさせていただきました 私は50歳を目標にして起業した経験者としてお話をさせていただきました この時の参加された皆さんの顔を拝見して何とか私も皆さんの支援ができないかと感じたのです   今はある意味で起業のブームなのかも知れません 特に団塊の世代の多くの方はすでにお仕事か……
8月28日(水)第69回生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり、その絵の……