支援するということ

コーチングは人を望む姿へと支援することだと考えます

決してコーチが考えているゴールに導くことではありません

 

クライアントが望む成長を対話を通じて支援する

自分勝手に役に立とうと考えて色々と行動をさせて変化成長させる

ことではありません

 

例えばクライアントにゴールを明確にする支援をする時に

コーチが勝手にゴールを描くことではありません

クライアントが自ら考え自分自身でゴールを明確にする支援をするのです

 

コーチがクライアントに役に立っていると勝手に納得して自己満足に

ならないことです

”ありがとう””助かりました”の感謝の言葉や褒められることを求めてはいけないのです

今日感じたコーチの基本姿勢でした

関連記事

雑念を消す
私は塗り絵をお教えしていますが 特に大事にしていることは”下塗り”を丁寧にするという事です   すでに色々と塗り絵について書いてきましたが 私のお教えする塗り絵は下絵を良く観察して色を作り塗って行くこと その時に最初に探していただくのが下塗りの色です   重ね塗り、混色で塗り絵を完成させていくのですがこの下塗りが とても大……
モチベーションはどうすれば上がるのか?
コーチングをしているとよくクライアントの方から 「モチベーションが上がらないのですがどうしたら上がりますか?」 という質問というか思いを話されることがあります   私も最近仕事が何だか新たなステージに入りそのような感覚になる時があります 60歳を超えて世間では現役卒業という事を言われますが そんな感じなのかも知れません  ……
お気に入りカフェのコーヒーから
私は経営者コーチングをメインにビジネスコーチングをしています 仕事の時間帯が比較的午後遅い時間が多いので 朝は自分の時間が結構取れます そこで朝はお気に入りカフェでコーヒーを一杯飲みます ここでは特別のノートに思い当たる色々なことを書きます 昨日の反省 「あそこはもっと話を深く聴けば良かったな」 「俺はコンサルタントではないぞ」 「話より……
人生を変える大人のぬり絵とは
人生を変える大人のぬり絵とは 日本人で“ぬり絵”をしたことのない人はいないのではないでしょうか。子供の頃には色々な物・景色・キャラクターなどのぬり絵があったし、自分が思うように塗る事が出来て楽しくてやりましたね。では、大人になるとなぜ塗り絵をしなくなってしまうのでしょうか? 「塗り絵は子供のやるもので大人は絵などを描くこと」 「自分には絵の才能が……