支援するということ

コーチングは人を望む姿へと支援することだと考えます

決してコーチが考えているゴールに導くことではありません

 

クライアントが望む成長を対話を通じて支援する

自分勝手に役に立とうと考えて色々と行動をさせて変化成長させる

ことではありません

 

例えばクライアントにゴールを明確にする支援をする時に

コーチが勝手にゴールを描くことではありません

クライアントが自ら考え自分自身でゴールを明確にする支援をするのです

 

コーチがクライアントに役に立っていると勝手に納得して自己満足に

ならないことです

”ありがとう””助かりました”の感謝の言葉や褒められることを求めてはいけないのです

今日感じたコーチの基本姿勢でした

関連記事

ビジネスコーチングの効果はどこにあるのか?
日頃ビジネスパーソンに向けてコーチングをさせていただております 特に経営者コーチングが中心ですが管理職の方に向けてもコーチングを させていただいています   管理職の方のテーマはマネジメントについてがほとんどです 特に新任の管理職な方は自ら行ってきたマネジメントの成果が 思うように出ない時にご依頼をいただきます   コーチ……
経営者の悩みを聴く仕事
私はコーチとして経営者のご支援をさせていただいています どんなに経営が好調であってもこれからどうなるのかという不安はあるようですね しかし、社長という立場からその点については誰にも話ができないのです 例え信頼が置けるような人であっても   その為に社長は日々情報取集や新たな展開などに追われています そんな社長とひと月に数時間お話をするの……
ゴールデンウィークが始まりました。
本日よりゴールデンウィークが始まりましたが各地で強風のために交通機関に乱れが出てなかなか大変な思いをされていらっしゃる方も多いのかな?コーチングをしているとクライアントの方にはこの時期は意外に大事なのかなと感じます。普段と違う時間を過ごせるからです。実は私もこの時期に色々と思考を繰り返します。
Web会議でグループコーチング
先日あるクライアント企業さんの地方営業所へ行って コーチングのご依頼をいただきました   社長さんとセッションをしている時に 「〇〇営業所なんだけど何とかしたいんだよな」 「どうなさりたいのですか」 「もっと頑張ってもらいたい...けど俺が行くと社員が委縮してしまって」 「私が伺って皆さんのお話をまずは聴いてきましょうか」 「そうで……