久しぶりに花の塗り絵をしてみました

一昨日から久しぶりに花の塗り絵をしてみました

”りんどう”の塗り絵です

いつものように下塗りから始めましたが何色を塗ろうかと

少し悩みましたが定番の明るい色から始めました

上の写真では色が良く分からないですね

基本花を水色、葉を黄色系で塗りました

ここでのコツはあまり濃く塗り過ぎないことです

 

次に本来見えている色を塗ります

花はピンク色、青色、赤紫色、緑色、たまご色など

陰影を意識して塗ると良いです

茎はピンク色、緑色、赤紫色、焦げ茶色などで光と影を意識することです

まずは若い葉を塗り少し黄色掛った感じで緑色を塗りました

葉脈を意識して表情を出すことが大事になります

大体ここまでで5時間掛かりました

一昨日はここまでにして時間を空けるようにしました

 

そして本日は下の葉を塗り完成させようと始めました

一日空けて塗った所を見るとまだまだ思うように色が出ていないのに気がつきます

花にまた色を足したり消しゴムで消したりしながら調整をします

葉は花の近くは空ける軽い若い葉、下の葉は緑色が濃くなり影も強くなります

色を重ねる時に注意するのはいきなり見える色を出そうとして色を探して塗ってはいけません

緑色の濃い色とは青色ですね

そこでまずは青色で色を重ねて塗りその上に緑色を選び塗り重ねます

緑色といっても色々な緑色があるのでここは自分の感覚を大事にして塗って下さい

更にごい緑色の所には赤紫色、紫色、焦げ茶色を葉脈を意識て塗り重ねます

塗り上げたら花にも意識を持っていきバランスや風合いを意識して整えて下さい

そして完成となります

制作時間は延べで7時間位です

焦らずゆっくりと楽しみながら塗るのが大人の塗り絵を上手に描くコツです

皆さんも挑戦してみて下さい

関連記事

大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑧
下絵を実際の花や葉と考えてその構造を理解して色を塗る どんな形でどのような状態なのかを理解して塗る(若い状態か成長した段階か)   花の大人にぬり絵をしていると色を探して塗っていきますが 色探しに夢中になると本来の花の色や形を忘れている時があります 「ここはピンク色、ここは赤色、この部分は紫色かな」 「ここは暗くて黒っぽいから黒色かな……
今年も葛飾区で大人の塗り絵教室(8回コース)始まります
今回で8回目となる 葛飾区シニア活動支援センターさんでの大人の塗り絵教室が 6月24日(月)から始まります 今回も定員一杯のお申込みをいただいたようです 嬉しくて、感謝、感謝です こちらでの大人の塗り絵教室は毎回満員でいままでに140人を超える 方々にご参加いただきました 教室終了後には3つのサークルも誕生して今も楽しく活動されています ……
5月13日(土)塗り絵アート教室
塗り絵アート(大人の塗り絵)教室皆さんは“塗り絵”にどんなイメージをお持ちですか?「子供の頃にやった」「色を好きに塗って仕上げる」「色を塗るだけで面白くない」そんな概念を変えるのが“塗り絵アート”です。東京中心に神奈川、埼玉でサークルや教室で塗り絵アートをお教えしておりましたが、ご参加いただきました皆様からいつも決まった場所での教室開催のご要望いただいており……
12月19日(月)第38回心との会話塗り絵カフェ
今年最後の心との会話塗り絵カフェを12月19日(月)開催します今回は今年を振り返りというようなお話も出来ると良いのかとも思っております・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・心との会話塗り絵カフェ 皆さんは“塗り絵”にどんなイメージをお持ちですか?「子供の頃にやった」「色を好きに塗って仕上げる」「色を塗るだけで面白くない」そ……