おじさん起業を決めたのはなぜ

今日は自分が起業をした時を振り返ってうと思います

私が起業を考えて行動したのは13年前になります

まだ世間ではシニア起業などという言葉はあまり使われていませんでした

いわゆる若者が新たなビジョンに挑むための企業という考えが一般的だったと思います

 

そんな時なぜ起業をしたのかいうと人生の後半をどのように生きたいかいう考えが

私の中で膨らみ一杯になっていて何かをしなくてはと思っていらからです

その時にコーチングにであったのです

 

一生涯人の支援が出来る仕事がコーチングと考えました

そして企業には何が必要なのかということについてコーチングを受けました

「独立までに何が必要なのか?」

目標設定を明確にして行動を起こして結果を掴み独立したのです

 

目標は10項目

独立を考えて半年でゴールに辿り着きました

 

独立後はその後の目標に向かってコツコツと行動しました

失敗も多くありましたがそれを経験と捉えてやはりコツコツと進みました

本当に遣りたいことが明確になり軸が出来れば迷わずに行動していけるのです

時間は掛かりましたがおじさんだからそれも良いのではないでしょうか

シニア世代の強みを活かすことでおじさん起業は可能ですし楽しいのではないでしょうか

 

無謀な挑戦ではなく目標をしっかりと立ててチャレンジすることは楽しいです

関連記事

12月25日(水)第73回生き方と塗り絵の支援塾開催
  《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)……
信頼関係をどのように築くポイントは認めること
コーチングを学んでいると色々なスキルや知識の話がでます それでも私はコーチングに関して大事なことはまずはマインドだと思っています   そもそもコーチングをしようとする相手にあなたは関心がありますか? 仕事だから 家族だから 業務上管理職として必要なスキルだから 人を動かせそうだから などと 相手に対しての関心よりも自分の都合でコー……
15年振りとなる長崎訪問
先週約15年振りに長崎に行きました 以前の仕事とは違うコーチという立場での仕事でした 第一印象は「変わっていない素敵な街」 彩り、空気、街並み、美味しいちゃんぽん ランタン祭りの前日ということで街は華やかに彩られていました   自分の人生を振返るいい機会となりました 3月また伺いますが時間をもう少しつくり更に懐かしい場所へ足を延ば……
中小企業経営者コーチは何ができるのか?
中小企業経営者の方を専門に経営者コーチをしています 中小企業経営者は皆さん経営のプロです 私は業務に関することではなく経営者個人をコーチングしています   会社の状況や会社に対する思いをまずは伺います 皆さん経営に熱く強い思いをお持ちになっていていつも感動しています 会社の歴史やご自身の経歴や体験をお話していると自然と笑顔と力が漲ってき……