おじさん起業を決めたのはなぜ

今日は自分が起業をした時を振り返ってうと思います

私が起業を考えて行動したのは13年前になります

まだ世間ではシニア起業などという言葉はあまり使われていませんでした

いわゆる若者が新たなビジョンに挑むための企業という考えが一般的だったと思います

 

そんな時なぜ起業をしたのかいうと人生の後半をどのように生きたいかいう考えが

私の中で膨らみ一杯になっていて何かをしなくてはと思っていらからです

その時にコーチングにであったのです

 

一生涯人の支援が出来る仕事がコーチングと考えました

そして企業には何が必要なのかということについてコーチングを受けました

「独立までに何が必要なのか?」

目標設定を明確にして行動を起こして結果を掴み独立したのです

 

目標は10項目

独立を考えて半年でゴールに辿り着きました

 

独立後はその後の目標に向かってコツコツと行動しました

失敗も多くありましたがそれを経験と捉えてやはりコツコツと進みました

本当に遣りたいことが明確になり軸が出来れば迷わずに行動していけるのです

時間は掛かりましたがおじさんだからそれも良いのではないでしょうか

シニア世代の強みを活かすことでおじさん起業は可能ですし楽しいのではないでしょうか

 

無謀な挑戦ではなく目標をしっかりと立ててチャレンジすることは楽しいです

関連記事

1月25日(水)第106回生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり……
初めてのこと、とても難しい一歩め
私は銀行を辞めて外資系保険会社に入り保険営業をしました その時はそれほど抵抗はなく仕事をすることができました   その後独立してコーチとしてある会社で研修講師をしようとした時でした 講師の仕事は自ら手を上げて研修会社に自分を売り込み採用されて得たものでした   何回か練習を研修会社でさせられできると思っていました しかし、研……
7月15日(日)個展が終了しました
私にとって初めての個展が本日無事に終了しました 多くの方にご来場いただきとても嬉しかったです この個展開催は40歳になった時に決めた「60歳個展開催」という目標で 1年遅れてしまいましたが何とか達成することが出来ました   今後もしっかり絵の勉強をして2回目の個展が開催できるように頑張りたいと思います 多くの……
何かを身に付けるのに大事なことは
私は以前も書いいたと思いますが40歳の時に仕事以外で 何かを身に付けたいと思い絵を描くことを始めました   40歳は私にとっては人生の折り返し地点だったのです 後半人生は新たなものを身に付けて一生涯の遣り甲斐を見つける という思いからでした 今の時代だったら”独立起業”もあったかもしれません   そして絵を習い始めたのです……