おじさん起業を決めたのはなぜ

今日は自分が起業をした時を振り返ってうと思います

私が起業を考えて行動したのは13年前になります

まだ世間ではシニア起業などという言葉はあまり使われていませんでした

いわゆる若者が新たなビジョンに挑むための企業という考えが一般的だったと思います

 

そんな時なぜ起業をしたのかいうと人生の後半をどのように生きたいかいう考えが

私の中で膨らみ一杯になっていて何かをしなくてはと思っていらからです

その時にコーチングにであったのです

 

一生涯人の支援が出来る仕事がコーチングと考えました

そして企業には何が必要なのかということについてコーチングを受けました

「独立までに何が必要なのか?」

目標設定を明確にして行動を起こして結果を掴み独立したのです

 

目標は10項目

独立を考えて半年でゴールに辿り着きました

 

独立後はその後の目標に向かってコツコツと行動しました

失敗も多くありましたがそれを経験と捉えてやはりコツコツと進みました

本当に遣りたいことが明確になり軸が出来れば迷わずに行動していけるのです

時間は掛かりましたがおじさんだからそれも良いのではないでしょうか

シニア世代の強みを活かすことでおじさん起業は可能ですし楽しいのではないでしょうか

 

無謀な挑戦ではなく目標をしっかりと立ててチャレンジすることは楽しいです

関連記事

大人のぬり絵は違う世界を見せてくれた
いままでも書いてきていますが私は絵に関しては素人です   全く絵に関わることには縁がありませんでした ただし、人生の半分を過ぎたと感じた時に絵との繋がりが始まりました   「絵を描いてみたい」 40歳の時に思い付いたのです とても地味な考え方でしたが60歳まで絵を描いていればそれなりの絵 を描けるようになるだろうと考えたの……
コツコツ修練を積むことが大事
学び身に付けることに大事なことは何か? 私はコーチとしてビジネスに関わる方々のコーチングをしています ・組織として思うように活動が出来ていない ・新たな事業をどのように起こせばよいのか ・マネジメントが上手く出来ていない ・事業承継をどのようにすれば良いのか ・仕事の目的とは何か ・仕事のモチベーションが上がらない などなど色々なお話を聴いて……
モチベーションはどうすれば上がるのか?
コーチングをしているとよくクライアントの方から 「モチベーションが上がらないのですがどうしたら上がりますか?」 という質問というか思いを話されることがあります   私も最近仕事が何だか新たなステージに入りそのような感覚になる時があります 60歳を超えて世間では現役卒業という事を言われますが そんな感じなのかも知れません  ……
昨年都展に出展した”都電の風景”
2022年11月開催された都展に60号の絵を出展しました 色鉛筆画「時代(とき)を走る」という題名でした まだまだ未熟ですが更に精進して参ります ……