色鉛筆は何色あれば良いのか

私は普段色鉛筆を使って大人のぬり絵をしています

また、サークルでも多くの方に色鉛筆でお教えしています

 

大人の塗り絵体験教室が開催されるとよく訊かれる質問があります

「色鉛筆は何色揃えればいいでしょうか?」

確かに多くの方が色鉛筆をお持ちだと思います

12色、20色、24色くらいのセットが多いのではないでしょうか

 

誰でも色鉛筆は何かしらお持ちだと思いますが大人のぬり絵をするには

やはり少し色が多い方が良いと思います

大人のぬり絵は色を作り(混色)色を塗って行きますのであまり色が少ないと色を

作るのはなかなか難しいと思います(12色では厳しい)

 

そこで私が提案しているのは30色~36色の色鉛筆です

色鉛筆のメーカーは特に決めていません、皆さんが使いやすいと思われる

色鉛筆で構いません

このくらいの色があれば殆どの色は作れると思っています

色作り(混色、重ね塗り)は大人のぬり絵の醍醐味でもあり難しさでもあり

楽しさなのです

人は学ぶ事が好きだし、学ぶ事は幾つになっても成長する事です

大人のぬり絵が多くの方に好かれるのもこの点も理由の一つです

 

まずは思い切って色鉛筆を買ってみて下さい

多くの色を見ると、なぜだか気持ちがウキウキするはずです

ここから大人のぬり絵が始まります

関連記事

2月20日(日)下宿地域市民センターさんでのイベント参加
本日清瀬市になる下宿地域市民センターさんに伺いました ご依頼をいただいた大人の塗り絵教室開催のためでした 色々なイベントが開催されてその1つに大人の塗り絵教室がありました ご参加いただいたのは5名様で皆さん一生懸命に大人の塗り絵に挑んでいただきました 2時間という制限の中皆さん素敵なバラの塗り絵を描いていただきました まだまだ……
大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑬
茎、枝、幹は基本的には円柱形なので光の方向を意識して塗る   皆さんは植物の枝や茎そして幹などをそのように意識してぬり絵をしていますか? 基本的には植物の枝や幹は円柱形になっています 円柱に色を塗って丸みを見せるにはどこに気を付ければ良いかですが 光の方向と影です 木の枝は概ね横方向に伸びていますね そうすると自然と上から光が当た……
10月12日(土)塗り絵アート(大人の塗り絵)教室開催
塗り絵アート(大人の塗り絵)教室 皆さんは“塗り絵”にどんなイメージをお持ちですか? 「子供の頃にやった」「色を好きに塗って仕上げる」「色を塗るだけで面白くない」 そんな概念を変えるのが“塗り絵アート”です。 東京中心に神奈川、埼玉でサークルや教室で塗り絵アートをお教えしておりましたが、ご参加いただきました皆様からいつも決まった場所での教室開催の……
11月28日(水)第60回 生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり、その絵の……