何かを身に付ける最初にすることは”まねる”こと

何かを始める時に皆さんは何をしますか

例えば

物を作る職人さんは師匠のまねから始めますね

スポーツもそうではないでしょうか

 

何をどうして良いのか分からない時はまねることから始める

理屈はどうあれまねる

武道などで言われる”守・破・離”の”守”もそうですね

 

私のお教えしている大人のぬり絵もそこを大事にしています

下絵(見本)をまねて色を塗って作品を完成させます

 

下絵をまねるにはどうすれば良いのでしょうか?

下絵をよく観察することです

とことん観察します

どんな色が塗られているのか?(現実の色を探す)

なぜここにこの色が塗られているのか?(意味を考える)

ここの色は何を言おうとして塗られているのか?(絵の作者の意図を考える)

 

このように観察してぬり絵を進めて行くと下絵とそっくりなぬり絵が完成します

作品の完成度が高くなります

そして、大人のぬり絵を続けていくと絵が描けるように…

 

今回は大人のぬり絵を進めるためにはまねることから始めるということを

お伝えしました

 

関連記事

藤沢で今年も大人の塗り絵体験教室が開催されます
今年も藤沢で大人の塗り絵教室が開催されます 今回は1日で2回の教室開催となります   これを切っ掛けとして大人の塗り絵を楽しんで下さる方が増える ようにしっかりとお伝えしようと思っています どのような出会いがあるか楽しみです!……
ポストカード塗り絵です
以前描いた大人の塗り絵ポストカードです ポストカードは小さくて手軽に塗れます 反面小さいということは絵が細かいということですね   花、動物、景色などなどたくさんあります ポストカード塗り絵作品は完成後に親しい方などのに送られると とても喜ばれたというお話も伺っています   大人の塗り絵はこんな楽しみもあり……
6月4日(月)第4回どなたでも楽しめる大人のぬり絵教室
皆さんが気楽に大人のぬり絵を楽しめる教室を開催いたします。 いままで書店イベント、施設イベント、塗り絵サークル、塗り絵カフェで大人のぬり絵をお教えして参りましたが、開催場所が限られたり、1回だけの体験教室であったり、日程が限られていました。4年前より恵比寿備屋珈琲店で開催している塗り絵カフェも開催時間が夜という事でご参加いただけない方もいらっしゃったと思い……
フルーツの大人のぬり絵の進め方
今日は河出書房新社さんの”やさしい大人の塗り絵”「野菜とフルーツ編」から ”プルーン”の塗り絵の私の塗り方をお話します   私はいままでお話して来ているのように下塗りから始めて行きます プルーンは水色とピンク色 葉はレモンイエロー 枝は薄だいだい色で塗ります ここはなるべく均一な色で下塗りして下さい   次にプルーン……