大人の塗り絵を上手に描くには

以前大人の塗り絵を上手に描くコツを書きました

改めて大人の塗り絵を上手に描くには何が大事かと考えましたが

やはり色を重ねて塗ることですね

 

どんな所にも最低3色は塗り重ねて描いて行くということです

例えば葉っぱを塗る時は

黄色、深緑、青色、茶色、赤色、濃い緑色、水色

最低3色なのでこのくらい重ねて塗ることもあります

 

葉っぱは種類がたくさんあるので塗り方も色々あります

椿の葉、チューリップ、あじさい、バラ

実は塗り方も変えなくては上手には描けません

 

重ねて色を作ることが大人の塗り絵の基本です

これが大人の塗り絵をする多くの方の意欲にも繋がっています

関連記事

今年も葛飾区で大人の塗り絵教室(8回コース)始まります
今回で8回目となる 葛飾区シニア活動支援センターさんでの大人の塗り絵教室が 6月24日(月)から始まります 今回も定員一杯のお申込みをいただいたようです 嬉しくて、感謝、感謝です こちらでの大人の塗り絵教室は毎回満員でいままでに140人を超える 方々にご参加いただきました 教室終了後には3つのサークルも誕生して今も楽しく活動されています ……
大人のぬり絵の進め方(バラ)
以前もバラのぬり絵の塗り方のご説明をさせていた大と思いますが またまとめた形で書いてみようと思います 少し見難いかもしれませんが手順を撮ってみました   ①まずは下塗りを全てに行います バラの花は、たまご色(周りの花の部分)と茶色(中心の暗い部分)で行います 葉は、下絵をよく見て暗めの葉には水色、若い葉・明るい葉は黄色で行います ……
大人の塗り絵で自然に身に付くすごいスキル①
今回から3回にわたって”大人の塗り絵”に取組んで身に付くスキルについて書いて行きます   1、 下絵を深く観察するという事はそのもの自体に興味を持ち視覚以外の点にも深く入る事になる。すなわち、傾聴力の耳で聞くだけでなく目で見る、心で感じる事が出来るという事です 2、 理想の下絵を深く観察するという事は、その意味を考える事になり色々な角……
チャンスがあれば本物を見ること
今日は午後から時間を作り新国立美術館に 「至上の印象派展」を見に行きました。 以前から見たかったルノアールの作品。 ぬり絵をする時にも写真を見て塗っていても分からない所が理解できました。 これからも機会を作り本物を見に行こうと思います。 花や風景のぬり絵をする時も実物を見ることは大事です。……