大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑦

大人のぬり絵は色を重ねて思う色を作るぬり絵です

なので、下塗りの基本をお伝えします

 

・下塗りをすること(単色で塗るぬり絵ではない)

・下塗りは薄目に塗って良い、後からまた色を塗り足せる

・均一の色となるようにムラなく塗る

 

いままでお伝えしてきた大人のぬり絵を上手に塗る方法と前後しますが

基本的なぬり絵の下塗りについて上記のことを意識して下さい

 

私は画材は色鉛筆をメインにお教えしています

なので、色を重ねて作るということです

そのために必要になるのが下塗りです

 

実はこの下塗りの色と塗り方が大人のぬり絵を上手に描くのに大事なことなのです

これをしっかりと塗れれば完成度は間違いなく上がります

下塗りの色にどんな意味があるのでしょうか?

私は下絵が持っている光の色だと思っています

色鉛筆の重ね塗りでは後から光を描くのは難しいのです

ただし、途中で色を足すことはできます(さらに重ねる)

では、下塗りの色は何色を使えば良いのでしょうか?

この質問は生徒さんからも良くされます

その答えは

「下絵に見える一番明るい色」

 

やはりそのために必要なことは下絵をよく観察することです

関連記事

1月29日(水)第74回人生と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり、その絵の線画……
大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑬
茎、枝、幹は基本的には円柱形なので光の方向を意識して塗る   皆さんは植物の枝や茎そして幹などをそのように意識してぬり絵をしていますか? 基本的には植物の枝や幹は円柱形になっています 円柱に色を塗って丸みを見せるにはどこに気を付ければ良いかですが 光の方向と影です 木の枝は概ね横方向に伸びていますね そうすると自然と上から光が当た……
1月12日(土)塗り絵アート教室(大人の塗り絵教室)開催
大人のぬり絵体験教室 皆さんは“塗り絵”にどんなイメージをお持ちですか? 「子供の頃にやった」「色を好きに塗って仕上げる」「色を塗るだけで面白くない」 そんな概念を変えるのが私がお伝えしたい“大人のぬり絵”です。 東京中心に神奈川、埼玉でサークルや教室で大人の塗り絵をお教えしておりますが、ご参加いただきました皆様から定期開催の教室のご要望いただい……
塗り絵をして来て改めて思うこと
大人の塗り絵講師となり12年目になります 多くの方々に大人の塗り絵の楽しさや色の不思議、観察力の必要性 等をお伝えしてきました そんな中で何よりも感じるのは自分が塗り絵を通じて成長できてきた ということです 塗り絵をする皆様の作品にアドバイスをさせていただきますが どの作品も本当に素敵に描かれています その作品をより素晴らしくするために私の……