大人の塗り絵教室&中小企業経営者コーチ「須貝光一郎の大人のぬり絵」

大人の塗り絵教室&中小企業経営者コーチ「須貝光一郎の大人のぬり絵」

2018年 01月 10日

大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑦

大人のぬり絵は色を重ねて思う色を作るぬり絵です

なので、下塗りの基本をお伝えします

 

・下塗りをすること(単色で塗るぬり絵ではない)

・下塗りは薄目に塗って良い、後からまた色を塗り足せる

・均一の色となるようにムラなく塗る

 

いままでお伝えしてきた大人のぬり絵を上手に塗る方法と前後しますが

基本的なぬり絵の下塗りについて上記のことを意識して下さい

 

私は画材は色鉛筆をメインにお教えしています

なので、色を重ねて作るということです

そのために必要になるのが下塗りです

 

実はこの下塗りの色と塗り方が大人のぬり絵を上手に描くのに大事なことなのです

これをしっかりと塗れれば完成度は間違いなく上がります

下塗りの色にどんな意味があるのでしょうか?

私は下絵が持っている光の色だと思っています

色鉛筆の重ね塗りでは後から光を描くのは難しいのです

ただし、途中で色を足すことはできます(さらに重ねる)

では、下塗りの色は何色を使えば良いのでしょうか?

この質問は生徒さんからも良くされます

その答えは

「下絵に見える一番明るい色」

 

やはりそのために必要なことは下絵をよく観察することです

こちらの記事も読まれています!

Tags: