大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑦

大人のぬり絵は色を重ねて思う色を作るぬり絵です

なので、下塗りの基本をお伝えします

 

・下塗りをすること(単色で塗るぬり絵ではない)

・下塗りは薄目に塗って良い、後からまた色を塗り足せる

・均一の色となるようにムラなく塗る

 

いままでお伝えしてきた大人のぬり絵を上手に塗る方法と前後しますが

基本的なぬり絵の下塗りについて上記のことを意識して下さい

 

私は画材は色鉛筆をメインにお教えしています

なので、色を重ねて作るということです

そのために必要になるのが下塗りです

 

実はこの下塗りの色と塗り方が大人のぬり絵を上手に描くのに大事なことなのです

これをしっかりと塗れれば完成度は間違いなく上がります

下塗りの色にどんな意味があるのでしょうか?

私は下絵が持っている光の色だと思っています

色鉛筆の重ね塗りでは後から光を描くのは難しいのです

ただし、途中で色を足すことはできます(さらに重ねる)

では、下塗りの色は何色を使えば良いのでしょうか?

この質問は生徒さんからも良くされます

その答えは

「下絵に見える一番明るい色」

 

やはりそのために必要なことは下絵をよく観察することです

関連記事

大人のぬり絵を上手に塗るコツ②
葉を塗るには葉脈を意識して塗り進む(葉脈のどの部分が暗いのか)   大人のぬり絵を皆さんとしている時に皆さんがよく言っているのは 「葉を塗るのが難しい、上手く塗れない」 ということです   まずは皆さんは”葉は緑色”という意識が強いということです しかし、葉は植物の種類によってかなり違いがあります ・若い葉っぱ ・柔らか……
塗り絵をコツコツと長く続けると成果は必ず現れる
5年前にある病院のデイケアで大人の塗り絵を体験したと ご依頼を受けて私と出版社、画材屋さんと伺いました その時は大人の塗り絵とはどういうものなのかを説明して バラの花の塗り絵を体験していただき皆さんが感動して下さったのを 覚えています   その後毎年1回大人の塗り絵教室を開催していただいております 本日はその大人の塗り絵教室に伺いまし……
大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑱
下絵が明るく、色が淡い作品のぬり絵は塗り過ぎに注意して強調する線を活かす   皆さんは色の濃い塗り絵と淡い色の塗り絵とどちらが好きですか? 多くの名画塗り絵は色をたくさん塗る作品が多いと思います このような塗り絵はたくさん色を塗り重ねていくのがコツですが 淡い色の花や風景の塗り絵は色の塗り過ぎに注意が必要です   例えば、白……
大人の塗り絵は下絵の観察力で差が出る
日頃から大人の塗り絵を描いていて感じるのは観察力の大切さです 毎月生徒さんの大人の塗り絵をたくさん拝見しています 絵の種類もたくさんあり皆さんの好きな絵を塗り絵していただいているので アドバイスをするのは私も勉強させていただいています   下絵をよくよく見ると微妙な色の雰囲気、絵の室の違いに気がついて自問します 「ここの色は何色だろ……