大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑥

色を探し、色を追うだけではぬり絵は描けない

決まった色を塗るのではなく色を作る(塗り絵アートなのです)

 

私は始めて大人のぬり絵をする方によく質問をします

「この部分にどんな色が見えますか?」

例えば、”葉”について見える色を訊くのです

「緑色ですね」

「どんな緑色でしょう」

「色々な緑色が見えます」

またそこで質問をします

「色鉛筆にその色はありますか?」

 

色を探し、どんな色かを追いますが殆どの場合

その色はないのです

では、どうするのでしょうか?

 

色は混ぜて作るのです

混色、重ね塗りをして色を作って塗ります

黄色と青色を混ぜると何色になりますか?

”緑色”ですね

ただし色の混ぜ方で緑色は違ってきます

ここが大人のぬり絵(塗り絵アート)の面白さであり難しさなのです

2010/02/16 15:34

基本的には何色と何色を混ぜると何色になりますという

原則はあると思いますが私がお教えする大人のぬり絵は法則ではなく

自らの経験を積んで行き学んで欲しいと思っています

 

大人のぬり絵は多くぬり絵をすればするほど上手になります

皆さんも色々なぬり絵に挑み色の作り方を学んでください

きっと新たなアート的なぬり絵ができるようになります

関連記事

塗り絵をして来て改めて思うこと
大人の塗り絵講師となり12年目になります 多くの方々に大人の塗り絵の楽しさや色の不思議、観察力の必要性 等をお伝えしてきました そんな中で何よりも感じるのは自分が塗り絵を通じて成長できてきた ということです 塗り絵をする皆様の作品にアドバイスをさせていただきますが どの作品も本当に素敵に描かれています その作品をより素晴らしくするために私の……
大人のぬり絵の進め方(バラ)
以前もバラのぬり絵の塗り方のご説明をさせていた大と思いますが またまとめた形で書いてみようと思います 少し見難いかもしれませんが手順を撮ってみました   ①まずは下塗りを全てに行います バラの花は、たまご色(周りの花の部分)と茶色(中心の暗い部分)で行います 葉は、下絵をよく見て暗めの葉には水色、若い葉・明るい葉は黄色で行います ……
塗り絵をコツコツと長く続けると成果は必ず現れる
5年前にある病院のデイケアで大人の塗り絵を体験したと ご依頼を受けて私と出版社、画材屋さんと伺いました その時は大人の塗り絵とはどういうものなのかを説明して バラの花の塗り絵を体験していただき皆さんが感動して下さったのを 覚えています   その後毎年1回大人の塗り絵教室を開催していただいております 本日はその大人の塗り絵教室に伺いまし……
2月9日(土)塗り絵アート(大人の塗り絵)教室
塗り絵アート(大人の塗り絵)教室 皆さんは“塗り絵”にどんなイメージをお持ちですか? 「子供の頃にやった」「色を好きに塗って仕上げる」「色を塗るだけで面白くない」 そんな概念を変えるのが“塗り絵アート”です。 東京中心に神奈川、埼玉でサークルや教室で塗り絵アートをお教えしておりましたが、ご参加いただきました皆様からいつも決まった場所での教室開催の……