大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑤

塗り方は同じ方向で塗る(右上からハスに左下へ…右利きの場合)

グルグルと色を塗ってはいけない、色が重ならなくなる

 

今回は大人のぬり絵の基本的な塗り方について少しお話してみます

私は毎回大人の塗り絵体験教室などでお話しすることなのですが

「子供の頃に塗り絵をした時にどのように色を塗りましたか?」

と質問します

「線をはみ出さないように線の内側を塗ってから色を塗りました」

「色はただただ一所懸命に塗り込みました」

といったお答えをいただきます

これは丁寧に色を塗るということを学んだのだと思います

 

しかし、大人のぬり絵ではこの塗り方はしません

線画の中に丁寧に面を作る塗り方をします(面描)

 

色を塗るのだからどんな塗り方でもいいのかというとそうではありません

色々な方向やグルグルと回し塗りで色が出るまで力を入れて塗るのはNGです

丁寧な色の面を作るように塗って欲しいのです

・同じ方向で塗る(右利きの方の場合 右上からハスに左下へ)

・力を入れ過ぎずに塗る(塗った線が見えないように)

・濃くしたい時は塗り重ねる(2回、3回と回数を重ねて)

2012/ 5/ 6 13:18

このようにして塗り進めると色が重ねることが出来るのです

まずは子の塗り方を意識してぬり絵をしてみて下さい

ただし、この塗り方だけでは素敵なぬり絵は完成しませんが

まずはここを意識してぬり絵をすることが大事です

 

 

関連記事

9月1日(日)塗り絵アートカフェ開催
“塗り絵アートカフェ” 開催場所は、武蔵小金井の住宅街にある “ブルーメンハウス” というとても癒されるカフェです 定期開催をしています 毎月第一日曜日 午後2時~4時 参加費 2,000円(お茶とお菓子が付きます) 教材(塗り絵題材)、画材(クーピーペンシル)はご用意します 定員 13名(事前予約をお願い致します) 住所   東京……
6月11日(土)塗り絵アート教室(大人の塗り絵)
塗り絵アート(大人の塗り絵)教室 皆さんは“塗り絵”にどんなイメージをお持ちですか? 「子供の頃にやった」「色を好きに塗って仕上げる」「色を塗るだけで面白くない」 そんな概念を変えるのが“塗り絵アート”です。 東京中心に神奈川、埼玉でサークルや教室で塗り絵アートをお教えしておりましたが、ご参加いただきました皆様からいつも決ま……
大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑱
下絵が明るく、色が淡い作品のぬり絵は塗り過ぎに注意して強調する線を活かす   皆さんは色の濃い塗り絵と淡い色の塗り絵とどちらが好きですか? 多くの名画塗り絵は色をたくさん塗る作品が多いと思います このような塗り絵はたくさん色を塗り重ねていくのがコツですが 淡い色の花や風景の塗り絵は色の塗り過ぎに注意が必要です   例えば、白……
大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑫
色がない部分はない(白く見えるだけで色は付いている) 色を塗らない所はない、ただし色を抜くことはある   皆さんは花などのぬり絵をしていると光が当たっている所はどんな色に見えますか? 「白く見える」 果物の光のあったいる部分も同じですね では、そこに白色を塗るのでしょうか? あるいは、色を塗らないのでしょうか? どちらも正解なのかと……