描いた塗り絵作品を違う角度から見てみる

私はいくつかの大人の塗り絵サークルに伺っています

 

皆さんとても熱心に塗り絵をされていらっしゃいます

腕前もどんどん上がりアドバイスをする所もほとんどないのですが

いつも同じ方向から絵を見ながら塗り絵をしているとちょっとした

違いに気がつかないことがあります

 

私はアドバイスをする時には塗りをしている皆さんと違う方向から

絵を見ている場合が多いので色の違いや暗さの違いに気がつきます

 

下絵や描いている絵を決まった方向から描いているといつの間にか

観念で絵を見ずに描いたり塗ったりしてしまっているのです

ところが絵を逆さまに見るとモチーフが良く分からなくなり

より観察するようになります

なので形や色の細かい違いに気づきしっかりと描けるのです

皆さんも塗り絵をする時に絵を逆さまから見てみて下さい

きっと新たな気づきがあり作品の完成度もアップすると思います

関連記事

考える時間をどのように作るか?
私は殆ど一人で仕事をしています   コーチという仕事はクライアントと対話をするので一人でするというのは 違うと考える方もいらっしゃると思います しかし、コーチングをしている内容や出来事は誰かに話したり相談したりはしません その意味では一人で仕事をしているということです   そこで必要になるのが”一人で考える時間を持つ”という……
色に対する固定概念を疑う
私は塗り絵教室や塗り絵サークルで多くの方と塗り絵を楽しんでいます長いサークルは5年を超えています その中でいつもいただく質問は「ここの色が出ないのですがどうするばいいのですか?」その多くは実はその方が塗ろうと思っている物に対して固定概念をお持ちになっていることが多いのです ”葉”は緑色”青空”は水色と青色”レモン”は黄色などなど ……
カフェで過ごす貴重な時間
皆さんはカフェにどんな思いで入りますか?   最近カフェが色々なところで話題になりブームになっていますね 皆さんはどんなカフェを選びますか? 私は自分の時間を過ごせるところを選びます 特に大事にしているのは集中できる空間なのかということです   仕事を続けていると疲れが段々と溜まってきます 限界を感じたときにカフェに入りま……
12月14日(土)塗り絵アート教室(大人の塗り絵)開催
塗り絵アート(大人の塗り絵)教室 皆さんは“塗り絵”にどんなイメージをお持ちですか? 「子供の頃にやった」「色を好きに塗って仕上げる」「色を塗るだけで面白くない」 そんな概念を変えるのが“塗り絵アート”です。 東京中心に神奈川、埼玉でサークルや教室で塗り絵アートをお教えしておりましたが、ご参加いただきました皆様からいつも決まった場所での教室開催の……