大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑪

大人のぬり絵の下塗りのポイントは

・下塗りの色は下絵に見える一番明るい色、光になる

・暗い部分の下塗りは暗い色から塗る(こげ茶色、紺色)

 

私はいままでお話してきたようにぬり絵をする時に下塗りから始めます

その時に皆さんから「何色で下塗りをすれば良いのですか?」と質問されます

基本はどこを塗るにも下絵に見える一番明るい色を塗ってくださいとお伝えしています

ちょっと見難いですがここではピンク色と水色でバラの花を下塗りしています

この色が出来上がるバラの花に見える一番明るい色となります

 

下塗りでもう一つ気を使って欲しいのは陰の暗い部分は最初に暗い色を下塗りする

ということです

ここで見える葉の部分の花の陰や葉が重なり合って描かれていることろです

ここに明るい色で下塗りすると暗く塗るのが難しくなるからです

焦げ茶や紺色などを使うと良いと思いますが最初から濃く塗らないように注意してください

あくまでも暗くしたいのであってそこにも本来の色を探して塗るということです

 

このように光と影を意識してぬり絵を進めると出来上がりも素敵に描けるはずです

関連記事

大人のぬり絵を上手に塗るコツ③
生き生きと綺麗に果物野菜は美味しそうに塗ることを意識する   果物や野菜の大人のぬり絵は結構多くありますが 大人のぬり絵を始めるのには良い題材だと思います 果物や野菜は誰でも馴染みがありますので形がイメージしやすですね また、果物や野菜については誰でも想い出や思いがあると思います 果物や野菜は直線的でなく丸い物が多く曲線で描かれてい……
4月24日(水)第65回生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり、その絵の線画……
塗り絵のコツ(柔らかさ)
先日ある大人の塗り絵体験教室で扱った題材「リンゴの花」でした この塗り絵見本はほんのりと柔らかいピンク色の花です   私も見本の塗り絵を塗ってみようと思い挑戦しましたが 思ったよりも堅い感じの塗り絵作品になってしまいました なぜでしょうか? ピンク色の花びらは正に柔らかい色合いでした ここに色の濃さを表現したり影を付けたりしたので……
大人の塗り絵作品展開催中です
京王線聖蹟桜ヶ丘にあるブリッジギャラリーで多摩市で活動している 大人のぬり絵サークルの皆さんの作品展が4日~9日まで開催されています 作品数は90点程ありどの作品も素敵に描けています 開催期間中サークルのメンバーが交代で会場にいますのでお声を掛けて下さい 私も6日土曜日午後と9日火曜日午前は会場にいますので何かありましたら お声を掛けて下さい……