大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑩

丸い物は丸く塗る(果物・野菜・花のつぼみ)

実際の花を見て色を塗ることと見えるように色を塗ることは違う

 

果物を塗る時に意識して欲しいことは”果物には直線はない”ということです

果物だけでなく植物全般に言えることです

上記の梅のぬり絵ですが丸い梅の実をどのように塗るかですが

やはり梅の実は丸いですね

ここを意識して丸く塗ることが大事です

 

丸く塗るというのはどういうことかというと

”光”の当たっている方向や場所をしっかりと見て塗ることです

丸いということは周りに行くほど暗くなっているのです

また光が当たっている所は明るく

例えば、梅の実で言えば下の所は暗くなります

なので緑色も梅の実の下の方は暗い緑色を塗っていきますが

単に濃い緑ではなく暗い緑を表現するということをして下さい

そのために必要なのが混色ですがことの時は”補色”を上手く使うことです

 

上記のアセロラのは赤い実の下に紺色を少し加えて混色しています

 

これは果物だけでなく植物(花)を塗る時にも意識的に塗ってみて下さい

きっと素敵なぬり絵が仕上がると思います

 

関連記事

大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑮
下絵の主題部分から塗ること(メインから塗る) 動物は特に目から始める(大事なところから)   皆さんは大人のぬり絵を始める時にどこから塗り始めますか? 私もよく生徒さんから質問をいただきます 基本はどこからでも構わないし好きな所から塗り始めれば良いと思います ただし、動物や人の塗り絵をする時には”目”から塗り始めるのをおすすめします……
大人の塗り絵は下絵の観察力で差が出る
日頃から大人の塗り絵を描いていて感じるのは観察力の大切さです 毎月生徒さんの大人の塗り絵をたくさん拝見しています 絵の種類もたくさんあり皆さんの好きな絵を塗り絵していただいているので アドバイスをするのは私も勉強させていただいています   下絵をよくよく見ると微妙な色の雰囲気、絵の室の違いに気がついて自問します 「ここの色は何色だろ……
大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑭
今回は大人のぬり絵の道具の使い方についてお話したいと思います 色鉛筆は尖らせるのが基本なので鉛筆削りを用意する 消しゴムはプラスチック消しゴム、練りけし、ペン型の消しゴム   皆さんは大人のぬり絵をする時に色鉛筆の芯についてどのように考えていますか? 私は皆さんに芯については絶えず削って尖らせて使って下さいと言っています なぜかとい……
大人のぬり絵の上手に塗るコツ①
「同じ色を多く塗っても色は濃くはなるが暗くはならない」   ぬり絵をしていると思うように色が出せないときがある時があります その時何をしようとするかというと 同じ色を一所懸命に多く塗り込んでいます 確かにその色は濃くはなりますが暗さは出ないということです   ここでちょっと考えて欲しいと思います 明暗を着ける、特に暗くする……