フルーツの大人のぬり絵の進め方

今日は河出書房新社さんの”やさしい大人の塗り絵”「野菜とフルーツ編」から

”プルーン”の塗り絵の私の塗り方をお話します

 

私はいままでお話して来ているのように下塗りから始めて行きます

プルーンは水色とピンク色

葉はレモンイエロー

枝は薄だいだい色で塗ります

ここはなるべく均一な色で下塗りして下さい

 

次にプルーンですが主に青色系と紫色系で塗り重ねていきます

紫色もいくつか使い塗り重ねて行きます

この時に注意するのは陰影ですので下絵をよく見て塗って下さい

ここでは光の当たっている部分の色をどのように塗るかが大事です

完成に近づいた時には消しゴムで色を抜くのも良いと思います

 

次に葉は陰影を意識してオリーブグリーンで塗ります

特にこの時は葉脈が薄い色で描かれているので葉脈のどこが暗いのかを

意識して陰影をつけて下さい

それができたら葉の本来の色を重ねていきますがこの時も緑色一色だけでなく

色々な緑色(ビリジャン、黄緑色など)青色や焦げ茶色などで葉の風合いを

描いて下さい

今回の枝は明るく少しグレイ掛かっているので薄だいだい色の上に水色や

焦げ茶色、ピンク色、黄土色などを重ねて塗っていきます

枝は光の方向を意識して陰になている枝の下を暗めの色で塗るのがコツです

 

今回は約4時間で塗り上げましたが焦らずにじっくりと塗り絵を楽しむことです

大人のぬり絵を上手に描くには集中力がかなり必要だと思いますので

あまり長く続けると集中力がなくなりぬり絵も上手く描けません

大人の場合は1時間位をめどに休憩を入れるとか次の日にするとか工夫してください

 

関連記事

大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑪
大人のぬり絵の下塗りのポイントは ・下塗りの色は下絵に見える一番明るい色、光になる ・暗い部分の下塗りは暗い色から塗る(こげ茶色、紺色)   私はいままでお話してきたようにぬり絵をする時に下塗りから始めます その時に皆さんから「何色で下塗りをすれば良いのですか?」と質問されます 基本はどこを塗るにも下絵に見える一番明るい色を塗ってくださ……
大人のぬり絵の進め方(バラ)
以前もバラのぬり絵の塗り方のご説明をさせていた大と思いますが またまとめた形で書いてみようと思います 少し見難いかもしれませんが手順を撮ってみました   ①まずは下塗りを全てに行います バラの花は、たまご色(周りの花の部分)と茶色(中心の暗い部分)で行います 葉は、下絵をよく見て暗めの葉には水色、若い葉・明るい葉は黄色で行います ……
人生を変える大人のぬり絵
人生を変える大人のぬり絵とは 日本人で“ぬり絵”をしたことのない人はいないのではないでしょうか。子供の頃には色々な物・景色・キャラクターなどのぬり絵があったし、自分が思うように塗る事が出来て楽しくてやりましたね。では、大人になるとなぜ塗り絵をしなくなってしまうのでしょうか? 「塗り絵は子供のやるもので大人は絵などを描くこと」 「自分には絵の才能がないの……
3月25日(水)第76回生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり、その絵の線画……