シニア起業家の皆さんを支援したいと思います

昨年シニア起業家を目指している方に向けてのセミナーでパネラーを

務めさせていただきました

私は50歳を目標にして起業した経験者としてお話をさせていただきました

この時の参加された皆さんの顔を拝見して何とか私も皆さんの支援ができないかと感じたのです

 

今はある意味で起業のブームなのかも知れません

特に団塊の世代の多くの方はすでにお仕事から卒業されていらっしゃいますが

毎日どのように過ごされているのだろうかと考えてしまいます…

近年、政府を始め社会は定年前から新たな生き方を考えるような仕組みを作り始めています

「再就職はなかなか難しい、しかし自分で何かをするのはもっと難しい」

「何かとはどんな事なのか?」

趣味ではなく人に役立つことをする

「自分ができることで何かしたい」

そして思いつくのが自分が遣りたい志事なのです

 

私はビジネスコーチをしています

なのでこのように起業を考えている方の支援がしたいと考えました

現在、中小企業の経営者の方もコーチをしていますのでここで得たことも

起業を目指している方にはお役に立てると思います

 

一度お話をしてみませんか?

体験は無料です

ご希望の方はお問い合わせからご連絡下さい

 

関連記事

12月26日(水)第61回生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり、その絵の……
自分自身に問い掛ける質問
一人の時間を作るようになって珈琲を飲みながら自分に問い掛ける 事がよくあります 「本当にやりたいことをしているか」 「一番遣り甲斐を感じることは何か」 「自分の生き方に満足しているか」 「自分が目指す仕事に全力で挑んでいるか」   自分の答えの多くはNO 「では、どうするのか、何をするのか」 一つの回答を出してすぐに始める 今は……
現役時代を終えて第2ステージへ
私も65歳を超えて段々仕事の仕方が変わってきました。私はバブル崩壊の頃に勤務先の銀行が破綻して43歳で新たな仕事を探して転職をしました。しかし、思うような仕事になかなか巡り合わずに転職を続けて50歳になる時にコーチという仕事で独立しました。その後すぐには思うように稼ぐことは出来ずアルバイトなどを続けながら55歳で法人を設立して何とか生活をしてきました。 ……
ポストカード塗り絵です
以前描いた大人の塗り絵ポストカードです ポストカードは小さくて手軽に塗れます 反面小さいということは絵が細かいということですね   花、動物、景色などなどたくさんあります ポストカード塗り絵作品は完成後に親しい方などのに送られると とても喜ばれたというお話も伺っています   大人の塗り絵はこんな楽しみもあり……