大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑨

基本に戻ってここが大事です!

色鉛筆は絶えず削り尖らせて塗る(思う所に色が塗れる)

 

皆さんは色鉛筆を使う時に芯はどのようにしていますか?

「あまり気にせずにただただ塗っている」

「折れないようにあまり尖らせない」

という方が多いように感じています 

”私は色鉛筆は絶えず尖らせてください”

色を一所懸命に塗っていると気づかないうちに芯は丸くなっている

塗ることに集中していて忘れています

 

芯が丸いまま塗り絵を進めていくとどうなるか?

実は下絵と大きく変わってしまうのです

正確に自分も思った所に色を付けられなくなっているのです

芯が丸く太くなると自分の思っている以上に色を塗っているのです

細かい所が塗れずに曖昧になり色が出ていないのです

 

当然ぬり絵はかなり違ったものになります

また、芯を尖らせると先が細いため少しの力で色がしっかりと塗れるのです

軽い力でしっかりと色を出せます

 

ぬり絵を始める前には必ず”芯を削り、尖らせる”

これはぬり絵を始める道具の準備だけでなく実は

”心を整え、フラットな気持ちも作れる”です

これも大人のぬり絵の大事な効果だと私は考えます

関連記事

100分の大人のぬり絵は心を整える
今日は日野市公民館高幡分室で大人のぬり絵サークルでした   生徒さんはバラの花、百合の花、ダリアの花、スイカなど 色々な塗り絵に挑戦していました 私も少し時間をいただいて先日途中まで塗った塗り絵を完成させました     まだまだ塗り足りない所もありますが まあまあの出来栄えかな?   この作品完……
大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑭
今回は大人のぬり絵の道具の使い方についてお話したいと思います 色鉛筆は尖らせるのが基本なので鉛筆削りを用意する 消しゴムはプラスチック消しゴム、練りけし、ペン型の消しゴム   皆さんは大人のぬり絵をする時に色鉛筆の芯についてどのように考えていますか? 私は皆さんに芯については絶えず削って尖らせて使って下さいと言っています なぜかとい……
4月13日(土)塗り絵アート教室開催
大人のぬり絵体験教室 皆さんは“ぬり絵”にどんなイメージをお持ちですか? 「子供の頃にやった」「色を好きに塗って仕上げる」「色を塗るだけで面白くない」 そんな概念を変えるのが私のお伝えしたい“大人のぬり絵”です。 東京中心に神奈川、埼玉でサークルや教室で大人のぬり絵をお教えしていますが、ご参加いただいた皆様から定期的に教えてもらえるぬり絵教室があれば……
忙しい毎日の中で余裕を持てたらいいな
私も以前銀行員として働いていた時は 毎日毎日遣ることがいっぱいあって余裕などは全く持てませんでしたが できれば欲しいなと思っていました   どこかに出掛けるとか新たな趣味を始めるためにどこかに通うとか できない中でどうしたら余裕を持てるのでしょうか?   余裕とはどんなことなのでしょうか? 余裕は自然にできてくるのでしょう……