大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑭

今回は大人のぬり絵の道具の使い方についてお話したいと思います

色鉛筆は尖らせるのが基本なので鉛筆削りを用意する
消しゴムはプラスチック消しゴム、練りけし、ペン型の消しゴム

 

皆さんは大人のぬり絵をする時に色鉛筆の芯についてどのように考えていますか?

私は皆さんに芯については絶えず削って尖らせて使って下さいと言っています

なぜかというと理由には2点あります

① 思う所に正確に塗れる

② 色を正確な力で、余計な力が入らないで塗れる

ここがぬり絵作品の出来栄えに大きな違いになります

 

もう1つ消しゴムついてです

皆さんは大人のぬり絵で消しゴムの役割をどのように考えていますか?

「画家は消しゴムで絵を描く」とも言われるそうです

ぬり絵には大事なアイテムが消しゴムなのです

 

・プラスチック消しゴム

・練消しゴム

・ペン型の消しゴム

私は使い分けていますが他にも結構便利な消しゴムがあるようですので

使ってみるのも良いのではないでしょうか

 

大人のぬり絵は鉛筆画を描くことと同じです

色々な方法を試してみて下さい

関連記事

2月12日(土)塗り絵アート教室(大人の塗り絵)
塗り絵アート(大人の塗り絵)教室 皆さんは“塗り絵”にどんなイメージをお持ちですか? 「子供の頃にやった」「色を好きに塗って仕上げる」「色を塗るだけで面白くない」 そんな概念を変えるのが“塗り絵アート”です。 東京中心に神奈川、埼玉でサークルや教室で塗り絵アートをお教えしておりましたが、ご参加いただきました皆様からいつも決まった場所……
大人の塗り絵を上手に描くには
以前大人の塗り絵を上手に描くコツを書きました 改めて大人の塗り絵を上手に描くには何が大事かと考えましたが やはり色を重ねて塗ることですね   どんな所にも最低3色は塗り重ねて描いて行くということです 例えば葉っぱを塗る時は 黄色、深緑、青色、茶色、赤色、濃い緑色、水色 最低3色なのでこのくらい重ねて塗ることもあります  ……
大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑪
大人のぬり絵の下塗りのポイントは ・下塗りの色は下絵に見える一番明るい色、光になる ・暗い部分の下塗りは暗い色から塗る(こげ茶色、紺色)   私はいままでお話してきたようにぬり絵をする時に下塗りから始めます その時に皆さんから「何色で下塗りをすれば良いのですか?」と質問されます 基本はどこを塗るにも下絵に見える一番明るい色を塗ってくださ……
1月8日(土)塗り絵アート教室(大人の塗り絵)
塗り絵アート(大人の塗り絵)教室 皆さんは“塗り絵”にどんなイメージをお持ちですか? 「子供の頃にやった」「色を好きに塗って仕上げる」「色を塗るだけで面白くない」 そんな概念を変えるのが“塗り絵アート”です。 東京中心に神奈川、埼玉でサークルや教室で塗り絵アートをお教えしておりましたが、ご参加いただきました皆様からいつも決ま……