大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑭

今回は大人のぬり絵の道具の使い方についてお話したいと思います

色鉛筆は尖らせるのが基本なので鉛筆削りを用意する
消しゴムはプラスチック消しゴム、練りけし、ペン型の消しゴム

 

皆さんは大人のぬり絵をする時に色鉛筆の芯についてどのように考えていますか?

私は皆さんに芯については絶えず削って尖らせて使って下さいと言っています

なぜかというと理由には2点あります

① 思う所に正確に塗れる

② 色を正確な力で、余計な力が入らないで塗れる

ここがぬり絵作品の出来栄えに大きな違いになります

 

もう1つ消しゴムついてです

皆さんは大人のぬり絵で消しゴムの役割をどのように考えていますか?

「画家は消しゴムで絵を描く」とも言われるそうです

ぬり絵には大事なアイテムが消しゴムなのです

 

・プラスチック消しゴム

・練消しゴム

・ペン型の消しゴム

私は使い分けていますが他にも結構便利な消しゴムがあるようですので

使ってみるのも良いのではないでしょうか

 

大人のぬり絵は鉛筆画を描くことと同じです

色々な方法を試してみて下さい

関連記事

大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑯
作品をいつも同じ位置だけから見ないで少し離して作品を見ること   ぬり絵をしているとつい夢中になってしまいます すると、塗っている色の微妙な違いや色の濃淡が実は分からなく なってしまっているのです ぬり絵作品と自分の目の位置がずっと同じになっているのです ここで大事なのが塗っているぬり絵作品から少し目線を離して見てみることです ・……
大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑫
色がない部分はない(白く見えるだけで色は付いている) 色を塗らない所はない、ただし色を抜くことはある   皆さんは花などのぬり絵をしていると光が当たっている所はどんな色に見えますか? 「白く見える」 果物の光のあったいる部分も同じですね では、そこに白色を塗るのでしょうか? あるいは、色を塗らないのでしょうか? どちらも正解なのかと……
大人のぬり絵を上手に塗るコツ④
とにかく下絵をよく観ること(観察する)、途中から見なくなっている(概念で塗っている)   私が皆さんにお伝えしている大人のぬり絵は下絵(見本)があるぬり絵です 主に河出書房新社さんの本を使って大人のぬり絵をご指導しています 色々な種類の本があり題材もたくさんあり大人のぬり絵を楽しむには最適だと思います   大人のぬり絵をしよう……
2月6日(日)塗り絵アートカフェ(ブルーメンハウス)
“塗り絵アートカフェ” 開催場所は、武蔵小金井の住宅街にある“ブルーメンハウス”というとても癒されるカフェです 定期開催をしています 毎月第一日曜日 ①11時~13時、②14時~16時参加費 2,200円(お茶とお菓子が付きます)教材(塗り絵題材)、画材(クーピーペンシル)はご用意します *お持ちの画材でも結構です各時間帯 ……