5月22日(水)第66回生き方と塗り絵の支援塾

《生き方と塗り絵の支援塾》

皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか?
塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか
私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり、その絵の線画に色を塗って下絵のように絵を仕上げるというものです。アートいう感覚の塗り絵です。
下絵をよく観察してどんな色で塗られているのかを探し、その色を作って塗っていきます。画材は色鉛筆なので絵具のように混ぜて色を作って塗ることは出来ません。色を重ねて塗ることで色を作るのです(混色)。色の特性や塗り方なども学びながら塗り絵をして行きます。出来た塗り絵作品は下絵通りの絵として完成させます。
下絵をよく見るには集中力が必要ですし、見つけた色を作り線画に塗っていくにも集中力が必要になります。すなわち塗り絵をすると集中力アップの訓練になるのです。
いろいろなところで集中力が続かない、集中出来ないという声を聞きます。集中力はどうすれば身に付くのかと悩んでいらっしゃる方も多いと思います。集中力をアップするには訓練が必要ですがどのような訓練をすれば良いのか分からないという声をよく耳にします。
私がお教えしている大人の塗り絵は正に手軽に誰もが出来る集中力アップの訓練になるのです。ただ簡単な訓練だけでなく大人の塗り絵は素敵な絵を楽しく描けてしまうのです。

私は、大人の塗り絵講師の他に経営者コーチ、エグゼクティブコーチをしています。ここで多くの経営者、エグゼクティブ、マネージャーのお話を伺い課題解決のご支援をさせていただいています。課題の多くは人間関係や自らの生き方、在り方です。この点を支援塾ではご参加いただいた皆さんとの対話をしてご支援が出来ればと思っています。ただし、畏まった勉強の場ではなくフランクに話の出来る楽しい場とし行っています。
(話のテーマ:部下育成・組織改革・事業承継・人生目標・転職・起業など)

この支援塾は私がいままでの人生体験から皆様に何とかお役に立ちたいと考えて、大人の
塗り絵の楽しさをお伝えしながら開催してきたカフェスタイルの場です。大人の塗り絵カフェを開催し6年目に入るのを期に“生き方と塗り絵の支援塾”としてこれからも続けて行こうと考えました。

基本は毎月第4水曜日の19:15~20:45に開催しています。初回参加の時には塗り絵の題材・画材はこちらでご用意させていただきますので手ぶらで気楽にご参加下さい。

関連記事

大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑮
下絵の主題部分から塗ること(メインから塗る) 動物は特に目から始める(大事なところから)   皆さんは大人のぬり絵を始める時にどこから塗り始めますか? 私もよく生徒さんから質問をいただきます 基本はどこからでも構わないし好きな所から塗り始めれば良いと思います ただし、動物や人の塗り絵をする時には”目”から塗り始めるのをおすすめします……
4月25日(水)第53回 集中力アップ!ビジネス脳が冴える大人のぬり絵カフェ
集中力アップ!ビジネス脳が冴える塗り絵カフェ 皆さんは“ぬり絵”にどんなイメージをお持ちですか? 「子供の頃にやった」「色を好きに塗って仕上げる」「色を塗るだけで面白くない」 そんな概念を変えるのが“大人のぬり絵”です。現在、東京中心に神奈川、埼玉でサークルや教室で大人のぬり絵をお教えしています。 大人のぬり絵講師として10数年“大人のぬり絵”の楽し……
大人の塗り絵を上手に描くには
以前大人の塗り絵を上手に描くコツを書きました 改めて大人の塗り絵を上手に描くには何が大事かと考えましたが やはり色を重ねて塗ることですね   どんな所にも最低3色は塗り重ねて描いて行くということです 例えば葉っぱを塗る時は 黄色、深緑、青色、茶色、赤色、濃い緑色、水色 最低3色なのでこのくらい重ねて塗ることもあります  ……
塗り絵で黒いところをどう描くか
今週の金曜日で埼玉県川越市で開催している大人の塗り絵教室が終了します 全8回のコースですが皆さんとても素敵な塗り絵作品を描き上げて下さいました (今週が最後ですが)   ここで皆さんにチャレンジしていただいた塗り絵は”ざるかぶり犬”でした 犬には黒い部分(頭、目、体の一部)がありここをどう塗るかが課題でした お使いいただいたクーピーには……