7月9日(土)塗り絵アート教室(大人の塗り絵)

塗り絵アート(大人の塗り絵)教室

皆さんは“塗り絵”にどんなイメージをお持ちですか?

「子供の頃にやった」「色を好きに塗って仕上げる」「色を塗るだけで面白くない」

そんな概念を変えるのが“塗り絵アート”です。

東京中心に神奈川、埼玉でサークルや教室で塗り絵アートをお教えしておりましたが、ご参加いただきました皆様からいつも決まった場所での教室開催のご要望いただいておりました。

この度、ご要望にお応えして東京都文京区で毎月1回定期開催の塗り絵アート教室を開始することとなりました。

塗り絵アートをしてみたいと思われている方、ご興味のある方はぜひ一度“塗り絵アート”を体験してみて下さい。塗り絵アートは難しい特別なものではありませんが、いままで皆さんがイメージしている塗り絵とはちょっと違います。

当初はこちらで題材・画材などの道具はご用意いたしますので事前にお申込みいただければ“手ぶら”でご参加いただけます。皆さまのご参加を楽しみにしております。

開催日時:毎月第2土曜日 14:30~16:00

開催場所:風のやすみば(NPO法人経営カフェ)

住所:文京区千石4-5-2 水野ビル1階

都営三田線千石駅A4出口より徒歩4分

TEL:03-3943-8155

参加費2,000円

定員10名(少人数制)

お申込みはメールでお願い致します

Mail: sugai@sugai

関連記事

大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑮
下絵の主題部分から塗ること(メインから塗る) 動物は特に目から始める(大事なところから)   皆さんは大人のぬり絵を始める時にどこから塗り始めますか? 私もよく生徒さんから質問をいただきます 基本はどこからでも構わないし好きな所から塗り始めれば良いと思います ただし、動物や人の塗り絵をする時には”目”から塗り始めるのをおすすめします……
大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑫
色がない部分はない(白く見えるだけで色は付いている) 色を塗らない所はない、ただし色を抜くことはある   皆さんは花などのぬり絵をしていると光が当たっている所はどんな色に見えますか? 「白く見える」 果物の光のあったいる部分も同じですね では、そこに白色を塗るのでしょうか? あるいは、色を塗らないのでしょうか? どちらも正解なのかと……
2019年の大人の塗り絵総括
今年も多くの皆様と大人の塗り絵と楽しむことが出来ました サークル、大人の塗り絵体験教室、大人の塗り絵教室などにご参加いただいた 人数は延2200人でした 皆様に大人の塗り絵の楽しさをお伝え出来て幸せでした 今年は改めて大人の塗り絵の奥深さを感じた年でした 福祉施設様でも大人の塗り絵の楽しさをお伝えしてきましたが 塗り絵するの目的が少し違い思う……
大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑱
下絵が明るく、色が淡い作品のぬり絵は塗り過ぎに注意して強調する線を活かす   皆さんは色の濃い塗り絵と淡い色の塗り絵とどちらが好きですか? 多くの名画塗り絵は色をたくさん塗る作品が多いと思います このような塗り絵はたくさん色を塗り重ねていくのがコツですが 淡い色の花や風景の塗り絵は色の塗り過ぎに注意が必要です   例えば、白……