友人とのカフェタイム

今日は大学時代の友人と1年半ぶりにカフェで話をしました

 

友人とは大学1年生の時に始めて同じクラスになり話をしました

お互いに2年浪人をして大学に入ったという理由もあり仲良くなりました

その後学生時代は当然に社会人になってからも色々と話をしたり

お互いの結婚式にも呼ばれ呼んだり、家族も含めて親しくお付き合いを

させていただいています

 

そんな友人も会社では雇用延長という形で仕事を続けていますが

何か物足りなさを感じているようでした

自分の遣りたい事は何か?

それを実際に出来ているのか?

これからの人生をどのように生きて行きたいのか?

こんな話をお互いの本音で話をしました

 

今の人生は60歳を超えてからどのように生きるかをしっかりと考えて

行くことが大事になりました

まだまだ人生は長く続いて行きます

けっして遅くはないしこれからの人生で思う事は実現できます

 

こんな話をして楽しい時間を過ごしました

自分の人生で本音で話が出来る友人はそれほど多くはないと思いますが

あなたにはそんな友人がいますか

多くはいりませんがそんな友人がいらしたら大事にして下さい

関連記事

鉛筆画で都展の入選しました
この度55周年記念「都展」に入選する事ができました 今回は色鉛筆画で「憩いの時」という題名です 色鉛筆は大人の塗り絵のメインの画材として長く活用してきました 今回の絵は20号という大きさで色鉛筆で描くには時間がかなり掛かりました   ・都展は11月19日(火)から24日(日) ・上野公園・東京都美術館(2階 第3・4展示室) ・入場塗……
いつまでも会いたいと思う人はいますか?
  先日かつて勤めていた銀行の営業仲間との会合がありました 会合というより懇親会のような飲み会でした   この会の発足は銀行時代の仲間が48歳でガンで亡くなり その仲間を偲ぶ会として始まりました 亡くなって14年が経ちましたがまだ偲ぶ会は毎年続いています   亡くなった仲間の人間性が友を引き付けるのだと思いますが……
10月28日(水)第81回生き方と塗り絵の支援塾開催
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり……
自分らしい生き方とはどんな生き方なのかな
最近の風潮は仕事は仕事として割り切りプライベートを充実する 方が良いのではないかという考えがあると私は感じます   確かに「あなたは何が人生で何が欲しいですか?」 という質問をすると 「特にこれというものはありません、楽しく生きていければいいです」 という回答が返ってくることが多いと感じています   では、別の質問をします……