母の7回忌に思う

先日13日は母の7回忌でした

親族だけの法事でしたが改めた母への感謝の日となりました

 

母は父が亡くなってから少し認知がはじまりました

ある時私と二人きりで話をしていると突然幻覚が見えたようで

”やかん”を見て人がそこにいると言い出し不安になったようで機嫌が悪きなり

話が出来なくなりました

私は「そうなんだ、俺にはそれが見えないな」と伝えました

会話はそれで終わってしまったので実家をあとにしました

 

数日後また母の様子を見に行くと母は小さなメモをくれました

そこには

「光一郎君に、今日はごめんなさい

自分で何を言ったか判らないが歩くことはできました

○○にも一緒にあやまりたいです

体の調子が早く良くなって生活がしたいです

自分の体も大事にしてください。」

 母(やっとかいたので笑わないでね

 

親父が亡くなり寂しくなり会話も減り認知症が始まった母でしたが

息子にいつまでも気を使い応援をしてくれました

 

生きていれば今年で母は100歳になります

本当に母さんありがとう

 

関連記事

大人の塗り絵(名画)を楽しみました
今回も大人の塗り絵名画シリーズをしてみました 大人の塗り絵「ゴッホ編」より ”オヴェールの教会”を塗ってみました く   実はこの塗り絵は随分前に塗り始めたのですがなかなか進まず 今回の外出自粛期間にやっと完成させることができました 原画をよく観てまねて色を作り塗ってみましたが思うようには 塗れませんでした ゴッホの絵は子供の頃か……
4月28日(水)第86回生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり……
何かを身に付けるのに大事なことは
私は以前も書いいたと思いますが40歳の時に仕事以外で 何かを身に付けたいと思い絵を描くことを始めました   40歳は私にとっては人生の折り返し地点だったのです 後半人生は新たなものを身に付けて一生涯の遣り甲斐を見つける という思いからでした 今の時代だったら”独立起業”もあったかもしれません   そして絵を習い始めたのです……
やっと地元のカフェで美味しいコーヒー
先日の日曜日に高幡不動尊の駐車場奥にあるカフェに行ってみました 名前は”NERO”という店内にはアウトドア用品が並び 山にあるカフェという感じでした 以前から北野街道にあるカフェの看板が気になっていたのですが なかなかお店が見つからず気になっていました コーヒーはエスプレッソがメインのようでブレンドではなく ……