生きる目的を考える時

一人で仕事をするようになり10年以上が経ちました

人の役に立つという目的で仕事を探す日々を続けて

やっと自分の思いを遂げられる仕事はこれかなと感じて

学びそれにチャレンジしてきました

 

人のどんな役に立てるのか分からずに転職を続けてその仕事を探しました

無謀で無知でしたがそんな思いに駆られていたのです

実はどんな仕事でも人の役に立っているです

私の欲しかったのは役に立っているとい相手からの承認だったのです

 

承認の言葉、反応、行動が欲しかったのです

ダイレクトに欲しかったのだと思います

人と話をしてその言葉が欲しかったのです

 

その為に自分に出来ることは何かを探して見つけたのがコーチでした

その後に偶然巡り合った大人の塗り絵講師もそうでした

人の成長を感じ、変化して行く姿が見れるのです

「ありがとう」この言葉がいただけたのです

 

決して自己満足のためでなく人の成長を支援したいのです

人は自ら気づいた時に変化をお越して成長します

そんなお役に立てることが私の使命です

関連記事

母の7回忌に思う
先日13日は母の7回忌でした 親族だけの法事でしたが改めた母への感謝の日となりました   母は父が亡くなってから少し認知がはじまりました ある時私と二人きりで話をしていると突然幻覚が見えたようで ”やかん”を見て人がそこにいると言い出し不安になったようで機嫌が悪きなり 話が出来なくなりました 私は「そうなんだ、俺にはそれが見えないな」……
大人のぬり絵は違う世界を見せてくれた
いままでも書いてきていますが私は絵に関しては素人です   全く絵に関わることには縁がありませんでした ただし、人生の半分を過ぎたと感じた時に絵との繋がりが始まりました   「絵を描いてみたい」 40歳の時に思い付いたのです とても地味な考え方でしたが60歳まで絵を描いていればそれなりの絵 を描けるようになるだろうと考えたの……
考える時間をどのように作るか?
私は殆ど一人で仕事をしています   コーチという仕事はクライアントと対話をするので一人でするというのは 違うと考える方もいらっしゃると思います しかし、コーチングをしている内容や出来事は誰かに話したり相談したりはしません その意味では一人で仕事をしているということです   そこで必要になるのが”一人で考える時間を持つ”という……
2年ぶりに胡蝶蘭が咲きました
2018年7月に初めて個展を文京区西方にあるギャラリー”river”さんで 開催しました その時に大人の塗り絵教室の生徒さんからお祝いに胡蝶蘭をいただきました 個展終了後も長く綺麗に咲いてくれていました しかし、やはり生き物ですから数か月後には花は枯れてしまいました   それから2年が経ち何と花がまた咲いてくれました 普段妻が世話をや……