生きるステージが変わる

私は現在、経営者コーチと大人の塗り絵講師をしています

なぜこの仕事をしているのかを考える時があります

変化には必ず原因があります

 

以前から書いていますが私は銀行員という仕事をしていました

自ら選んだ道ですがどうしても遣りたかった仕事だとは言えません

正直、大学を卒業するときに何となく選んだ道でした

 

今では幸せと感じていますが40歳を過ぎた頃に起きた銀行破綻が

私の人生を変えました

この出来事をどのように捉えるかで人生は大きく変わります

振返ってその時の思いを考えてみると

「自分らしく、自分の思う生き方がしたい」

と真剣に考えるきっかけになったのです

 

それから19年が経ちました

その間に50歳、60歳を迎えその都度ステージが変わったと思っています

年齢は色々と考える機会となるのでしょうか

このことは私だけの経験なのでしょうか

しかし、この時に考えたのは「これからをどう生きるのか」ということでした

結果的にはこの考えで生きるステージを変えてきました

 

最近は”老いてのステージ”をどう捉えるのかを考えるようになりました

日々の中で多くの方々とお目に掛かりますが私の経験がフラッシュバックのように

その場面で蘇ってきます

人生経験が私が関わる人に何か役に立つのではないかと

”老いのステージ”での役割なのかと感じます

 

決して人格者になろうと考えているのではありません

人の成長を支援したいのです

素敵な成長を支援したいのです

結果を掴んでいくのはご本人なのですから

関連記事

久しぶりのプロ野球観戦で感動
今月24日(土)東京ドームにプロ野球観戦に行きました 試合は名球会ベースボールフェフェスティバル2018です   大学時代の同級生Kさんからのお誘いを受け観戦することが出来ました 彼とは40年の付き合いですがお互いに還暦を過ぎてセカンドステージに 入り時間に余裕ができ人生についても変化が起きています   試合で名球会のメンバ……
大人の塗り絵で自然に身に付くすごいスキル②
第二回目の大人の塗り絵をする効果について書きます 7、 いつも変わらない視点からの指導方法では大きな変化は起こせないので視点を変えて行動する事で思いの強調を出すことが出来るということです 8、 色相環は三原色の変化を輪で表現したもの部下を色で考えると関係性が見えてくるということです 9、 部下をスキルや能力、個性などでよく見ると共通性や……
今の自分があるのは出会った方々のお陰です
ふと社会人として始めた務めた銀行員時代を振り返ることがありました 今月で勤務していた東京相和銀行が破綻して20年が経ちました 入社最終面接の時面接を受けたのは会長でした その後多くの支店長に仕えましたがどの支店長も色々と私を指導して下さいました 仕事の仕方、お客様との関係性、部下の育成方法、リーダーシップなどなど   破綻後私は自分の仕……
まねる大人のぬり絵は何が良いのか
 私は大人の塗り絵講師を始めて10年を超えました   私は見本の下絵をよく見て色を探して色を塗る塗り絵を お教えしています 見本がある大人の塗り絵本はかなり多くあり色々ながありますが 最初にされる方はまずは花の塗り絵をお奨めします 見本が花だと比較的色が多くなく描かれていますので塗りやすいです しかし、私は色を塗って行く時には必ず……