生きるステージが変わる

私は現在、経営者コーチと大人の塗り絵講師をしています

なぜこの仕事をしているのかを考える時があります

変化には必ず原因があります

 

以前から書いていますが私は銀行員という仕事をしていました

自ら選んだ道ですがどうしても遣りたかった仕事だとは言えません

正直、大学を卒業するときに何となく選んだ道でした

 

今では幸せと感じていますが40歳を過ぎた頃に起きた銀行破綻が

私の人生を変えました

この出来事をどのように捉えるかで人生は大きく変わります

振返ってその時の思いを考えてみると

「自分らしく、自分の思う生き方がしたい」

と真剣に考えるきっかけになったのです

 

それから19年が経ちました

その間に50歳、60歳を迎えその都度ステージが変わったと思っています

年齢は色々と考える機会となるのでしょうか

このことは私だけの経験なのでしょうか

しかし、この時に考えたのは「これからをどう生きるのか」ということでした

結果的にはこの考えで生きるステージを変えてきました

 

最近は”老いてのステージ”をどう捉えるのかを考えるようになりました

日々の中で多くの方々とお目に掛かりますが私の経験がフラッシュバックのように

その場面で蘇ってきます

人生経験が私が関わる人に何か役に立つのではないかと

”老いのステージ”での役割なのかと感じます

 

決して人格者になろうと考えているのではありません

人の成長を支援したいのです

素敵な成長を支援したいのです

結果を掴んでいくのはご本人なのですから

関連記事

大人のぬり絵で感じること
私はほぼ毎日大人のぬり絵に関する仕事をしています そこで多くの方の塗り絵作品を拝見していますがどの作品も本当に丁寧に 色を塗られて驚いています その中で生徒さんから質問を受けるのですが 「ここの色が思うように出ないのですが何色を塗れば良いのですか?」 その時私は下絵を更に良く見る事にしています この時は色を見るのも当然ですが描かれている絵がど……
変化を起こしたいと思うときは何が起きるのか?
何か変化を起こしたいと思ったときすぐに行動できるのか?   変化を起こしたいと思った瞬間はすぐに動こうと思います しかし、動けるときと動けないときがあるのです 時間が経つとその思いはだんだん薄れて行動できないことの 理由探しをして動けないことを肯定化してしまいます   コーチとしてクライアントと対話をして 「○○しよう!」……
9月12日(水)葛飾区シニア活動支援センターで講演します
相変わらず毎日暑い日が続いていますが 皆さん元気ですか?   さて、この度いつも大人の塗り絵教室でお世話になっている 葛飾区シニア活動支援センターさんで講演をさせていただくことになりました 講演テーマは「人生100歳時代、どう生きたいですか?」です 私もすでにシニア世代に入りましたがこの時代が人生でも大事な時代になりました 余生を……
アイデアが浮かばないときは何かに集中してみる
次の手を考えて何かをしなくてはいけないが良い発想が浮かばない 「何かないかな?」   私はよくこんな時があります そんな時に何をするかというと私は大人のぬり絵をします 下絵をよく観察するぬり絵です   例えば かぼちゃのぬり絵をしようとするときは かぼちゃの凸凹感、色の濃淡、黄色の種類、緑の種類 どこから光が当たり、ど……