経営者の悩みを聴く仕事

私はコーチとして経営者のご支援をさせていただいています

どんなに経営が好調であってもこれからどうなるのかという不安はあるようですね

しかし、社長という立場からその点については誰にも話ができないのです

例え信頼が置けるような人であっても

 

その為に社長は日々情報取集や新たな展開などに追われています

そんな社長とひと月に数時間お話をするのが私の役目です

当然仕事のお話を社長は色々とされますが実はそれよりも大事にされていることがあります

仕事一辺倒になっている頭を休めたり、好きなことを話しリラックスすることなのです

”愚痴””不満””好きな事や趣味””自分に起こった出来事、世の中の出来事”など

すると、社長の頭(思考)は空間が出来て冴えてくるのですね

多くの社長はお話を終えて次にお目に掛かるまでに変化を起こされています

社長自らが変化を起こすので会社に変化が起こり社員の方々も変わっていくのです

 

この社長自ら変化を起こすことをご支援するのが私の仕事なのです

関連記事

基礎を学ぶ②
今日はさいたま新都心でirデッサンの勉強でした 前回の続きを描きました 鉛筆で色を表現するこては難しいです 基本が出来ていない自分にはどのようにすれば良いのかが全く分かりません 鉛筆の硬さを変えて表現するのだろうというのは何となくわかるのですが 赤色はどの鉛筆で描けば良いのか、どのように色を付ければよういのか 黒……
塗り絵が上達すると次に何が起きるのか?
私は大人の塗り絵講師をして11年を越えました いままで多くの方と大人の塗り絵を一緒に楽しみながら塗り絵を お教えしてきました   最近サークルメンバーの方から話しかけられました 「大人の塗り絵をしてきて自分なりに思うように塗れるようになりました そんな中で最近はアレンジを描くことが面白くなってきます 塗り絵から簡単なスケッチ出来るよう……
2月27日(水)第63回生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり、その絵の……
何かを身に付けるのに大事なことは
私は以前も書いいたと思いますが40歳の時に仕事以外で 何かを身に付けたいと思い絵を描くことを始めました   40歳は私にとっては人生の折り返し地点だったのです 後半人生は新たなものを身に付けて一生涯の遣り甲斐を見つける という思いからでした 今の時代だったら”独立起業”もあったかもしれません   そして絵を習い始めたのです……