経営者の悩みを聴く仕事

私はコーチとして経営者のご支援をさせていただいています

どんなに経営が好調であってもこれからどうなるのかという不安はあるようですね

しかし、社長という立場からその点については誰にも話ができないのです

例え信頼が置けるような人であっても

 

その為に社長は日々情報取集や新たな展開などに追われています

そんな社長とひと月に数時間お話をするのが私の役目です

当然仕事のお話を社長は色々とされますが実はそれよりも大事にされていることがあります

仕事一辺倒になっている頭を休めたり、好きなことを話しリラックスすることなのです

”愚痴””不満””好きな事や趣味””自分に起こった出来事、世の中の出来事”など

すると、社長の頭(思考)は空間が出来て冴えてくるのですね

多くの社長はお話を終えて次にお目に掛かるまでに変化を起こされています

社長自らが変化を起こすので会社に変化が起こり社員の方々も変わっていくのです

 

この社長自ら変化を起こすことをご支援するのが私の仕事なのです

関連記事

1月26日(水)第95回生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり……
塗り絵のコツ(柔らかさ)
先日ある大人の塗り絵体験教室で扱った題材「リンゴの花」でした この塗り絵見本はほんのりと柔らかいピンク色の花です   私も見本の塗り絵を塗ってみようと思い挑戦しましたが 思ったよりも堅い感じの塗り絵作品になってしまいました なぜでしょうか? ピンク色の花びらは正に柔らかい色合いでした ここに色の濃さを表現したり影を付けたりしたので……
3月23日(水)第97回 生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり……
日本橋のアートギャラリーに行きました
今日は以前から気になっていた日本橋にあるアートギャラリーに行きました ギャラリーは”アートモール”さんです 先月知人の作品展が開催された”アートスペース草”に伺った時にいただいた ギャラリーガイドに載っていた所です ガイドに色鉛筆画展を開催する情報があり本日伺ってみることにしたのです 画家は古河博章さんで色鉛筆と他の画材を見事……