変化を起こしたいと思うときは何が起きるのか?

何か変化を起こしたいと思ったときすぐに行動できるのか?

 

変化を起こしたいと思った瞬間はすぐに動こうと思います

しかし、動けるときと動けないときがあるのです

時間が経つとその思いはだんだん薄れて行動できないことの

理由探しをして動けないことを肯定化してしまいます

 

コーチとしてクライアントと対話をして

「○○しよう!」とクライアントが自ら言葉にしたことを支援します

しかし、ここで対話を終わりにすると実際には行動できない方が多いのです

思いと実際の行動とにギャップがあるということです

或いは、クライアントの本心から出た言葉ではないということです

 

私もお話をする皆さんの言ったことを実際にやって下さいと伝えます

しかし、その行動はご本人が求めている事に繋がっているのか

時間が経つと不明確になってしまっているのです

 

目標がしっかりと理解されている方は行動しますが出来ない方を

継続的に支援することがコーチの仕事だと考えています

「良いのは分かっている」

「どんな行動をしれば良いのかも分かっている」

けれど動けない

人は自ら気づいたときに動くのです

関連記事

支援するということ
コーチングは人を望む姿へと支援することだと考えます 決してコーチが考えているゴールに導くことではありません   クライアントが望む成長を対話を通じて支援する 自分勝手に役に立とうと考えて色々と行動をさせて変化成長させる ことではありません   例えばクライアントにゴールを明確にする支援をする時に コーチが勝手にゴールを描く……
大人のぬり絵の意外な効果
大人のぬり絵で脳力は磨ける 大人のぬり絵は以前から脳の活性化に効果があると伝えられています。 これはシニア層に向けが情報として伝えられていました。 しかし、私は大人のぬり絵講師をしてきてビジネスパーソンの脳力アップにも有効であることに気づきました。 私がお伝えする大人のぬり絵は下絵(見本絵)をまねて線画に色を塗って見本と同じような絵に完成させるぬ……
経営革新セミナーに参加して学ぶ
12月1日月初めに経営革新セミナーに参加しました 今回の主催者は以前コーチングのクライアントの税理士さんでした   久しぶりにクライアントに会って成長した姿が見れてとても嬉しかった とても勉強家でセッションを思い出しました このように人の成長する姿を見れるのもコーチの遣り甲斐になりますね   また経営者の抱える課題についても……
2年ぶりに胡蝶蘭が咲きました
2018年7月に初めて個展を文京区西方にあるギャラリー”river”さんで 開催しました その時に大人の塗り絵教室の生徒さんからお祝いに胡蝶蘭をいただきました 個展終了後も長く綺麗に咲いてくれていました しかし、やはり生き物ですから数か月後には花は枯れてしまいました   それから2年が経ち何と花がまた咲いてくれました 普段妻が世話をや……