3月28日(水)集中力アップ!ビジネス脳が冴える大人のぬり絵カフェ

ビジネス脳が冴える大人のぬり絵カフェ
~仕事の生産性を高める大人のぬり絵、脳力が磨かれ、発想力や創造力を高まる~

最近では、大人のぬり絵も多くの方に知られてきましたが実際に大人のぬり絵をされて方々は趣味的なことと捉えているのだと思います。また、大人のぬり絵をされている年齢層はシニアの方々がほとんどです.
私はいままで色々な教室やイベントで大人のぬり絵講師をしてきましたが、シニアの方以外の方々からも貴重な意見・感想をいただきました。そして、大人のぬり絵は趣味的な要素だけでなく脳が冴えてビジネスをされている現役の方にもとても役に立つことが分かりました。大人のぬり絵をすると脳力(発想力・創造力)が磨かれるということです。

「大人のぬり絵をしていると時間を忘れて集中できました」
「大人のぬり絵は子供の時にしたぬり絵とは全然違うのに驚きました」
「大人のぬり絵は奥が深いのですね」
「見本を見ようと意識していますが、意外と見ていないのですね」
「大人のぬり絵はとても疲れましたが、何だかスッキリしました」
「大人のぬり絵をした後はなぜか頭の回転が良くなったように感じました」
「驚いたのは翌日目覚めた時に頭が軽く感じて気持ちが爽やかでした」
など多くのご意見・ご感想をいただきました。

大人のぬり絵をするとなぜこのようなことが起きるのでしょうか?

私がお教えする大人のぬり絵はまずは“まねる”ことが基本です。見本をよく見て線画に見本通り“まねて”色を塗ってぬり絵を完成させるのです。
そこで必要なのは集中力と観察力です。
・まずは目から視覚情報を後頭葉に送ります(右脳)
・次に下絵から自分が過去に体験した物事の記憶を側頭葉で探します(右脳)
・また、下絵からその物の平面でない立体や空間へと情報が流れて考えます(頭頂葉)
このように大人のぬり絵をしていると普段あまり使わない脳の右脳を使っているのです

下絵をよく観察して見本通りの色を作り塗るためには何が必要だと思いますか?

それは集中することです。
大人のぬり絵はその集中が知らぬ間に自然とできているのです。

脳力を磨くことは、この集中力を身に着けることなのです。
・一つのことに固執していくこと
・余計なことを全部捨ててしまいます(忘れる)
集中するとう脳は自発的リラックスを起こします(脳の一部や体は疲れますが、一部の脳は休むことになり脳にはとても良い効果となるのです)
そして、その後には脳が冴えて発想力・アイデア・創造力が高まるのです。

皆さんも何か集中できるものをお持ちだと思います、仕事をしている時もそうですね。
しかし、仕事では左脳を活発に機能させているのです。大人のぬり絵は右脳を使うので脳のバランスを良くすることができるのです。

最近は色々な集中力を高めるものがありますが、いざ始めようと思うと時間も手間をあまり掛けたくないという思いが起こり面倒に感じてしまうのではないでしょうか?

私がお教えする大人のぬり絵は手間も時間もそれほど必要がありません。
誰でもできる手軽なものなのです。
大人のぬり絵は集中力を高める訓練です。
脳を冴えさせるのに効果的な方法なのです。

皆さんも一度体験してみて下さい
きっと大人のぬり絵をした後には脳がスッキリとするはずです

場所
恵比寿備屋珈琲店2F
受講料 3,000円(当日払い)
お申込みは当サイトお問い合わせよりお願い致します

関連記事

中小企業経営者コーチは何ができるのか?
中小企業経営者の方を専門に経営者コーチをしています 中小企業経営者は皆さん経営のプロです 私は業務に関することではなく経営者個人をコーチングしています   会社の状況や会社に対する思いをまずは伺います 皆さん経営に熱く強い思いをお持ちになっていていつも感動しています 会社の歴史やご自身の経歴や体験をお話していると自然と笑顔と力が漲ってき……
忙しい毎日の中で余裕を持てたらいいな
私も以前銀行員として働いていた時は 毎日毎日遣ることがいっぱいあって余裕などは全く持てませんでしたが できれば欲しいなと思っていました   どこかに出掛けるとか新たな趣味を始めるためにどこかに通うとか できない中でどうしたら余裕を持てるのでしょうか?   余裕とはどんなことなのでしょうか? 余裕は自然にできてくるのでしょう……
銀座の画廊に行ってきました
今日は天気も良く春を感じる一日でした 銀座にある画廊るたんさんで開催されている「接点」という絵画展に 行ってきました   そこには友人が作品を出しているのでそれを見に行きました 今回で友人の作品展に行くのは2回目で前回とは違う作品が展示してあり またしても素敵な作品でした 他にもたくさんの素敵な作品が展示してありとても素敵な時……
支援するということ
コーチングは人を望む姿へと支援することだと考えます 決してコーチが考えているゴールに導くことではありません   クライアントが望む成長を対話を通じて支援する 自分勝手に役に立とうと考えて色々と行動をさせて変化成長させる ことではありません   例えばクライアントにゴールを明確にする支援をする時に コーチが勝手にゴールを描く……