考える時間をどのように作るか?

私は殆ど一人で仕事をしています

 

コーチという仕事はクライアントと対話をするので一人でするというのは

違うと考える方もいらっしゃると思います

しかし、コーチングをしている内容や出来事は誰かに話したり相談したりはしません

その意味では一人で仕事をしているということです

 

そこで必要になるのが”一人で考える時間を持つ”ということです

私は自宅の書斎で色々と考えたり資料を作ったり整理したりしていますが

意外に一人になっていると感じることがないのです

何をするにも便利で好きなように動けて集中することがかえって出来ないからです

 

私は一人になれる場所(空間)が何処かにないかと探しました

ある時、学生時代の友人と久しぶりに会い何処かで話をしようということになり

友人が教えてくれたカフェに行きました

そこは少し山の中という感じがする所にありましたが

私は、この場所だと感じました

それは自宅から車で30分位にあるスターバックスのある店舗でした

ここにいると時間を忘れて一人になれるのです

色々と考えることが出来ます

人は午前中の早い時間帯が一番思考が回るということを聞いていますので

ここに行くのはいつも午前中と決めています

 

意識的に自分で場所(空間)を決めることが時間作る最初の行動です

時間が出来たら考える時間を作るということは実は出来ないのです

その意味ではまずは環境づくりから始めてみて下さい

関連記事

100分の大人のぬり絵は心を整える
今日は日野市公民館高幡分室で大人のぬり絵サークルでした   生徒さんはバラの花、百合の花、ダリアの花、スイカなど 色々な塗り絵に挑戦していました 私も少し時間をいただいて先日途中まで塗った塗り絵を完成させました     まだまだ塗り足りない所もありますが まあまあの出来栄えかな?   この作品完……
大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑨
基本に戻ってここが大事です! 色鉛筆は絶えず削り尖らせて塗る(思う所に色が塗れる)   皆さんは色鉛筆を使う時に芯はどのようにしていますか? 「あまり気にせずにただただ塗っている」 「折れないようにあまり尖らせない」 という方が多いように感じています  ”私は色鉛筆は絶えず尖らせてください” 色を一所懸命に塗っていると気づかない……
4月22日(水)生き方と塗り絵の支援塾、中止致します
先日の非常事態宣言を受けて今月の生き方と塗り絵の支援塾を 中止致します   少人数での開催ですがやはり参加者同士の距離は近いので 密接となり今回は止めることにしました   5月は現状予定通りに開催しようと思っていますが状況により 変更するかもしれません   塗り絵やお話を楽しみして下さった皆様 大変申し訳あり……
忙しい毎日の中で余裕を持てたらいいな
私も以前銀行員として働いていた時は 毎日毎日遣ることがいっぱいあって余裕などは全く持てませんでしたが できれば欲しいなと思っていました   どこかに出掛けるとか新たな趣味を始めるためにどこかに通うとか できない中でどうしたら余裕を持てるのでしょうか?   余裕とはどんなことなのでしょうか? 余裕は自然にできてくるのでしょう……