散歩の時間が人生を変えた

11月に入りまだまだ天候は安定していませんが散歩には最適の時期となりました

皆さんは散歩をしますか?

 

私は時間を敢えて作って散歩をしています

自宅からちょっと距離のある駅まで散歩をしたり、仕事帰りに敢えて遠回りをして

街を散策しています

 

私にとってこの散歩の時間は色々と考える時間にもなっています

誰にも邪魔されず周りの景色や変化を探して目を動かしあちこち見ながら歩きます

目には色々な色が入ってきます

空の青さ、木々の緑や紅葉の黄色や赤色、走る車の色、建物の色、可憐な花の色々な色

また人の動きや話し声、家族連れ、カップル、小さな子供を連れた若い母親、元気な老人

スポーツをしている人達、仲間でわいわい話しながら歩く学生・・・

皆それぞれに物語があるのだと思いながら観察しながら歩く

ふとその時これからの人生をどう生きたいのか?

いままでどのような思いをしながら生きてきたのか?

仕事の意味と遣り甲斐、人との関わりについての課題、新たな発想

誰にも、時間にも惑わされずにただ歩きながら考える

時には何も考えずに風景をじっと見つめながら歩く

視覚だけでなく五感を使って空気を感じながら歩く

心や頭が整理される、癒される、エネルギーが湧いてくる、笑顔になる

 

私はこんな散歩の時間をとても大事にしています

関連記事

考える時間をどのように作るか?
私は殆ど一人で仕事をしています   コーチという仕事はクライアントと対話をするので一人でするというのは 違うと考える方もいらっしゃると思います しかし、コーチングをしている内容や出来事は誰かに話したり相談したりはしません その意味では一人で仕事をしているということです   そこで必要になるのが”一人で考える時間を持つ”という……
コロナを避けて森林浴をする
コロナによる外出自粛が続いてきました 6月1日からはステップ2気持ちも変わり仕事や学校へ動きだしました その前日家に籠っていた長い日のストレスを開放するために 3蜜を避けて奥多摩まで行ってきました   奥多摩駅前は殆どお店も休業中で人も少なかったです 多くの木に囲まれ澄んだ空気を味わうことが出来ました 奥多摩に来たのは10年振りくらい……
大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑨
基本に戻ってここが大事です! 色鉛筆は絶えず削り尖らせて塗る(思う所に色が塗れる)   皆さんは色鉛筆を使う時に芯はどのようにしていますか? 「あまり気にせずにただただ塗っている」 「折れないようにあまり尖らせない」 という方が多いように感じています  ”私は色鉛筆は絶えず尖らせてください” 色を一所懸命に塗っていると気づかない……
1月30日(水)第62回生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり、その絵の……