大人の塗り絵教室&中小企業経営者コーチ「須貝光一郎の大人のぬり絵」

大人の塗り絵教室&中小企業経営者コーチ「須貝光一郎の大人のぬり絵」

2017年 09月 29日

自分は耐えて頑張っているのに周りは分かってくれない

みえなくなってくるのでス9月のそろそろ終わり多くの企業では下半期に入ると思います

そんな中でこの時期は人事異動もありますが

皆さんの会社ではどうでしょうか?

 

私の以前いた会社のこの時期は大きな異動はありませんでしたが

上半期の業績や職場の問題に関係して少し異動がありました

 

ハイパフォーマーだった人が突然マネジメントのポジションに異動する

当然業績を買われてのことです

慣れない仕事に就くことによって当初は多くの方は思うような仕事は

できないのではないでしょうか?

しかし、今の時代は周りはそんなことは分かってくれません

「すぐに結果を出せ」

 

そしてシャカリキに働きます

この時浮かんでいる発想は自分は仕事ができるハイパフフォーマーなんだ

だから頑張ればできるはずだという考えです

その時に周りが見えなくなってくるのです

そして、自分は頑張っているのに周りは分かってくれないという思いが

湧いてきます

ここで自分の役割は何なのか?

と自らに問える人は考えを改めて行動を変えることができるかも知れません

しかし、忙しく変化のスピードが早い現代ではそこが難しいのです

 

この時に大事なのは自分を見てくれている人がいるかということです

一般的には上司だったり先輩、あるいは経営者の方です

 

皆さんにはそんな方がいらっしゃいますか

もし居ないとしたらどうすれば良いのでしょうか?

 

私の提案ですが

自分の話をしっかりと聴いてくれる人に話してみることです

とにかく自分の話をひたすら聴いてくれる人です

だれか思いつきましたか?

そうですね、突然言われても思い浮かばないと思いますので

普段からそんな仲間を作ることを意識してみて下さい

 

これは会社だけのことでなく長い人生でもとても重要な事です

仲間とは同僚だけではないと思いますので会社以外の人と会う機会を

つくるのも大事ですね

こちらの記事も読まれています!

Tags: