自分自身に問い掛ける質問

一人の時間を作るようになって珈琲を飲みながら自分に問い掛ける

事がよくあります

「本当にやりたいことをしているか」

「一番遣り甲斐を感じることは何か」

「自分の生き方に満足しているか」

「自分が目指す仕事に全力で挑んでいるか」

 

自分の答えの多くはNO

「では、どうするのか、何をするのか」

一つの回答を出してすぐに始める

今はこれの連続です

思考も大事ですがまずは行動を起こす事ですね

 

もう1つ遣っていることがあります

自分自身に「ありがとう、ごめんなさい、許してください、愛しています」

この言葉を唱えています《ホ・オポノポノより学んだ言葉》

心が落ち着き事態が好転するように感じます

関連記事

HP書き込みを再開しようと思います。
昨年11月からHPの更新をしばらく止めていました。 理由は自分の人生で何が人の役に立てるのかを考えていたからです。 その間に自分で絵を描いたり、多くの本を読んでいました。 そして歳が明けて塗り絵の生徒さんと話をしたり新たな教室を開催して また初心に戻って大人の塗り絵の楽しさを伝えて行こうと思いました。 またコーチングも以前とは……
都展に今年も出展しました。
今年も東京都美術館で都展が開催されました 11月1日~8日までの期間多くの方が来場していただきました 本当にありがとうございました 私は今回で3回目となりましたがやはり自分の絵の未熟さを 改めて痛感しました 次回に向けて更に修練を積んでいこうと思います ……
自分へのご褒美と安らぎの時間
毎年夏に蓼科に旅行に行っています もう20年位になります 3年前にネットで探してあるペンションに泊まりました   ここを訪れたとき不思議な感覚がしました このペンションに居るだけで心がなぜか癒され落ち着いたのです オーナーの人柄もありますが何とも言えないスピリチュアル的な物を感じました   ここで過ごす時間は私の心を満たし……
何かを身に付けるのに大事なことは
私は以前も書いいたと思いますが40歳の時に仕事以外で 何かを身に付けたいと思い絵を描くことを始めました   40歳は私にとっては人生の折り返し地点だったのです 後半人生は新たなものを身に付けて一生涯の遣り甲斐を見つける という思いからでした 今の時代だったら”独立起業”もあったかもしれません   そして絵を習い始めたのです……