シニア起業に挑んだ、そして

以前にも書いたことですが私は50歳を前に起業しました

43歳で銀行員を止め自分の遣りたいこと探しを始めて

何回か転職をして生活をしながら迷い、戸惑い、不安になり

それでもいつか自分の本当に遣りたいことに出会えると考えて行動しました

 

47歳の時に自分の遣りたいことに出会いました

コーチという仕事です

今もそれを追求しながら人を支援する仕事を使命と感じて活動しています

「これは俺の目指す姿であり使命なのだ」と思い起業しました

世間で成功するとかビジネスになるということが起業と考えられて時に

無謀と思われる企業でした

最初から上手く行くはずはなく、苦しい生活と苦悩の毎日でした

アルバイトで生活費を稼ぎコーチでは殆ど稼げなかった

起業して4年経った時

「このままでは自分の本当に遣りたいことは出来ない」

「言い訳をするのは止めてコーチだけで生きていく」

 

コーチとしての活動だけを本格的に始めたのです

腹を決めると不思議とコーチングの話が舞い込んでくるようになりました

その時を振返るとコーチとして何がしたいのかがやっと明確になったのです

 

2013年4月法人設立

やっと起業となったのです、気がつけば56歳となっていました

人生は挑戦の連続ですし失敗だらけですが

”楽しい”です

関連記事

いつまでも会いたいと思う人はいますか?
  先日かつて勤めていた銀行の営業仲間との会合がありました 会合というより懇親会のような飲み会でした   この会の発足は銀行時代の仲間が48歳でガンで亡くなり その仲間を偲ぶ会として始まりました 亡くなって14年が経ちましたがまだ偲ぶ会は毎年続いています   亡くなった仲間の人間性が友を引き付けるのだと思いますが……
おじさん起業を決めたのはなぜ
今日は自分が起業をした時を振り返ってうと思います 私が起業を考えて行動したのは13年前になります まだ世間ではシニア起業などという言葉はあまり使われていませんでした いわゆる若者が新たなビジョンに挑むための企業という考えが一般的だったと思います   そんな時なぜ起業をしたのかいうと人生の後半をどのように生きたいかいう考えが 私の中で……
9月25日(水)第70回生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり、その絵の……
何事も長く続けるコツがある
いくつかの大人の塗り絵サークルをご支援させていただいておりますが 長く続くサークルには秘訣があるのでしょうか   なかなか会員(メンバー)が増えないサークルから質問を受けました 「大人の塗り絵の楽しさを知っていただき楽しそうに当初は参加して 下さるのになぜ長く続かないのかな」   私は大人の塗り絵教室も最近始めていますが教室……