シニア起業に挑んだ、そして

以前にも書いたことですが私は50歳を前に起業しました

43歳で銀行員を止め自分の遣りたいこと探しを始めて

何回か転職をして生活をしながら迷い、戸惑い、不安になり

それでもいつか自分の本当に遣りたいことに出会えると考えて行動しました

 

47歳の時に自分の遣りたいことに出会いました

コーチという仕事です

今もそれを追求しながら人を支援する仕事を使命と感じて活動しています

「これは俺の目指す姿であり使命なのだ」と思い起業しました

世間で成功するとかビジネスになるということが起業と考えられて時に

無謀と思われる企業でした

最初から上手く行くはずはなく、苦しい生活と苦悩の毎日でした

アルバイトで生活費を稼ぎコーチでは殆ど稼げなかった

起業して4年経った時

「このままでは自分の本当に遣りたいことは出来ない」

「言い訳をするのは止めてコーチだけで生きていく」

 

コーチとしての活動だけを本格的に始めたのです

腹を決めると不思議とコーチングの話が舞い込んでくるようになりました

その時を振返るとコーチとして何がしたいのかがやっと明確になったのです

 

2013年4月法人設立

やっと起業となったのです、気がつけば56歳となっていました

人生は挑戦の連続ですし失敗だらけですが

”楽しい”です

関連記事

友人とのカフェタイム
今日は大学時代の友人と1年半ぶりにカフェで話をしました   友人とは大学1年生の時に始めて同じクラスになり話をしました お互いに2年浪人をして大学に入ったという理由もあり仲良くなりました その後学生時代は当然に社会人になってからも色々と話をしたり お互いの結婚式にも呼ばれ呼んだり、家族も含めて親しくお付き合いを させていただいています……
見直しと手直しをする
今日は今年最後の絵画教室で絵を描きました その絵は4年前に描いた蓼科にあるカフェの絵でした カフェの名前は”銀のポスト” コロナの影響で3年伺っていないのが寂しいです そんなカフェの絵を4年前に描きました その絵を12月の初めに改めて見る機会がありました 「何だか思うように描けてない、絵が平べったいな)と感じ ……
おじさん起業を決めたのはなぜ
今日は自分が起業をした時を振り返ってうと思います 私が起業を考えて行動したのは13年前になります まだ世間ではシニア起業などという言葉はあまり使われていませんでした いわゆる若者が新たなビジョンに挑むための企業という考えが一般的だったと思います   そんな時なぜ起業をしたのかいうと人生の後半をどのように生きたいかいう考えが 私の中で……
目標設定が人を動かすエネルギーになる
私が銀行員として営業をしていた時の話です 営業なので毎年目標が設定されます   昨年実績 期待度 支店全体の目標数字 担当する地域やお役様の状況 営業経験年数 などなどを勘案して作成されました   その数字を見った時の気持ちは 「ま今年度も大変なノルマだな」 決して楽しみという感情ではありませんでした しかし、ま……