大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑯

作品をいつも同じ位置だけから見ないで少し離して作品を見ること

 

ぬり絵をしているとつい夢中になってしまいます

すると、塗っている色の微妙な違いや色の濃淡が実は分からなく

なってしまっているのです

ぬり絵作品と自分の目の位置がずっと同じになっているのです

ここで大事なのが塗っているぬり絵作品から少し目線を離して見てみることです

・作品を手に持って腕を伸ばして見てみる

・作品をテーブルに置いて立って見てみる

・離れた場所において離れて見てみる

・作品を逆さまから見てみる

 

これは別の意味もあるのです

”目を休めること”になります

 

夢中になると体に負担を掛けていることになりますので

大人のぬり絵を楽しむのには休憩も大事ですね

関連記事

塗り絵のコツ(柔らかさ)
先日ある大人の塗り絵体験教室で扱った題材「リンゴの花」でした この塗り絵見本はほんのりと柔らかいピンク色の花です   私も見本の塗り絵を塗ってみようと思い挑戦しましたが 思ったよりも堅い感じの塗り絵作品になってしまいました なぜでしょうか? ピンク色の花びらは正に柔らかい色合いでした ここに色の濃さを表現したり影を付けたりしたので……
11月28日(水)第60回 生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり、その絵の……
12月3日(月)第10回どなたでも楽しめる大人の塗り絵教室
どなたでも楽しめる「大人のぬり絵」教室 皆さんが気楽に大人のぬり絵を楽しめる教室を開催いたします。 いままで書店イベント、施設イベント、塗り絵サークル、塗り絵カフェで大人のぬり絵をお教えして参りましたが、開催場所が限られたり、1回だけの体験教室であったり、日程が限られていました。4年前より恵比寿備屋珈琲店で開催している塗り絵カフェも開催時間が夜という事で……
大人の塗り絵は下絵の観察力で差が出る
日頃から大人の塗り絵を描いていて感じるのは観察力の大切さです 毎月生徒さんの大人の塗り絵をたくさん拝見しています 絵の種類もたくさんあり皆さんの好きな絵を塗り絵していただいているので アドバイスをするのは私も勉強させていただいています   下絵をよくよく見ると微妙な色の雰囲気、絵の室の違いに気がついて自問します 「ここの色は何色だろ……