大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑯

作品をいつも同じ位置だけから見ないで少し離して作品を見ること

 

ぬり絵をしているとつい夢中になってしまいます

すると、塗っている色の微妙な違いや色の濃淡が実は分からなく

なってしまっているのです

ぬり絵作品と自分の目の位置がずっと同じになっているのです

ここで大事なのが塗っているぬり絵作品から少し目線を離して見てみることです

・作品を手に持って腕を伸ばして見てみる

・作品をテーブルに置いて立って見てみる

・離れた場所において離れて見てみる

・作品を逆さまから見てみる

 

これは別の意味もあるのです

”目を休めること”になります

 

夢中になると体に負担を掛けていることになりますので

大人のぬり絵を楽しむのには休憩も大事ですね

関連記事

9月25日(水)第70回生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり、その絵の……
大人の塗り絵(名画)を楽しみました
今回も大人の塗り絵名画シリーズをしてみました 大人の塗り絵「ゴッホ編」より ”オヴェールの教会”を塗ってみました く   実はこの塗り絵は随分前に塗り始めたのですがなかなか進まず 今回の外出自粛期間にやっと完成させることができました 原画をよく観てまねて色を作り塗ってみましたが思うようには 塗れませんでした ゴッホの絵は子供の頃か……
大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑬
茎、枝、幹は基本的には円柱形なので光の方向を意識して塗る   皆さんは植物の枝や茎そして幹などをそのように意識してぬり絵をしていますか? 基本的には植物の枝や幹は円柱形になっています 円柱に色を塗って丸みを見せるにはどこに気を付ければ良いかですが 光の方向と影です 木の枝は概ね横方向に伸びていますね そうすると自然と上から光が当た……
大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑳
ぬり絵を進めてどんどん描けて行くと微妙な色使いや形が分からなくなることが ありませんか? 私は普段皆様のぬり絵をしている姿を正面から拝見して作品を見ています (作品を逆さまから見ている) すると普通に見るよりも色の違いや陰影がかえってはっきり分かる時があります   また体験教室でもお伝えしていますが 「皆さんの今塗っている作品を手……