何かに没頭して他のことを考えない時間を持てているか?

私はいままで大人の塗り絵を多くの方にお教えしてきたが

その度に教室に参加された方々からいただいた言葉は

「あっという間の時間でした」

「もうそんなに時間が経ってしまったのですね」

「色を塗ることに集中していました、楽しかったです」

「こんなに何かに集中した時間を最近持っていませんね」

 

そして教室終了時には皆さん顔が笑顔に変わっている

エネルギーに満ち溢れているように見える

ほんの少しのフロー体験をされたのでしょうか

 

自分が会社員でバリバリ仕事が出来ていた時は何も考えず

ただただ邁進してました、仕事に集中していました

この時は頭も冴えて業績もどんどん上がった記憶があります

しかし、時代は一遍に多くの仕事をこなすことを求められ時代となり

実は一つのことに集中が出来なくなってしまっている

これが続くとどうなるのか?

 

行き詰まり、やる気が突然なくなり、茫然としてただただ時間が過ぎる

当然業績は低迷する

 

脳を冴えさせるには集中力を取り戻さなければいけないのではないでしょうか

集中力をどのように身に付ければ良いのでしょうか

自ら望んだ娯楽に打ち込むことでその体験が出来ると思います

まずは楽しさを求めて何かをやってみて下さい

時間を忘れて取り組めることを

 

関連記事

考える時間をどのように作るか?
私は殆ど一人で仕事をしています   コーチという仕事はクライアントと対話をするので一人でするというのは 違うと考える方もいらっしゃると思います しかし、コーチングをしている内容や出来事は誰かに話したり相談したりはしません その意味では一人で仕事をしているということです   そこで必要になるのが”一人で考える時間を持つ”という……
12月26日(水)第61回生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり、その絵の……
アイデアが浮かばないときは何かに集中してみる
次の手を考えて何かをしなくてはいけないが良い発想が浮かばない 「何かないかな?」   私はよくこんな時があります そんな時に何をするかというと私は大人のぬり絵をします 下絵をよく観察するぬり絵です   例えば かぼちゃのぬり絵をしようとするときは かぼちゃの凸凹感、色の濃淡、黄色の種類、緑の種類 どこから光が当たり、ど……
人生を変える大人のぬり絵とは
人生を変える大人のぬり絵とは 日本人で“ぬり絵”をしたことのない人はいないのではないでしょうか。子供の頃には色々な物・景色・キャラクターなどのぬり絵があったし、自分が思うように塗る事が出来て楽しくてやりましたね。では、大人になるとなぜ塗り絵をしなくなってしまうのでしょうか? 「塗り絵は子供のやるもので大人は絵などを描くこと」 「自分には絵の才能が……