何かを身に付けるのに大事なことは

私は以前も書いいたと思いますが40歳の時に仕事以外で

何かを身に付けたいと思い絵を描くことを始めました

 

40歳は私にとっては人生の折り返し地点だったのです

後半人生は新たなものを身に付けて一生涯の遣り甲斐を見つける

という思いからでした

今の時代だったら”独立起業”もあったかもしれません

 

そして絵を習い始めたのですがそう簡単には上手くなるわけはありません

絵画教室ではひたすらデッサンに挑戦する日々でした

ただただ石膏や花や静物をしっかりと観察して描いていきました

しかし、人生は色々なことが起きるものです

勤め先の銀行が破綻して転職をすることになり絵の勉強できなくなりました

 

そして8年くらいたった時塗り絵講師をしないかと声が掛かったのです

それから大人の塗り絵を学び何回も塗り絵を勉強していくことになりました

ここでもやはり突然上手くはならないのです

時間を作りコツコツと色を探して色を作り塗って行く練習を繰り返しました

少しずつ一歩一歩進めることが大事であることも塗り絵から学びました

特別な技術は天才にはあるのかも知れませんが私のような凡人にはありません

しかし、基本を何回も繰り返すことはできます

結果的に世の中で匠と称される方は皆さんコツコツと同じことを何回も

くり返しくり返し行い時間を掛けて身に付けていったのです

実はこれが本当に何かを身に付けるコツだと私は思います

 

なかなか納得のいくことは身に付くまでには時間は掛かりますし

実際に納得できるかもわかりません

しかし、一歩一歩進めることが結果を生むのは間違いありません

関連記事

大人のぬり絵で感じること
私はほぼ毎日大人のぬり絵に関する仕事をしています そこで多くの方の塗り絵作品を拝見していますがどの作品も本当に丁寧に 色を塗られて驚いています その中で生徒さんから質問を受けるのですが 「ここの色が思うように出ないのですが何色を塗れば良いのですか?」 その時私は下絵を更に良く見る事にしています この時は色を見るのも当然ですが描かれている絵がど……
塗り絵のコツ(柔らかさ)
先日ある大人の塗り絵体験教室で扱った題材「リンゴの花」でした この塗り絵見本はほんのりと柔らかいピンク色の花です   私も見本の塗り絵を塗ってみようと思い挑戦しましたが 思ったよりも堅い感じの塗り絵作品になってしまいました なぜでしょうか? ピンク色の花びらは正に柔らかい色合いでした ここに色の濃さを表現したり影を付けたりしたので……
ポストカード塗り絵です
以前描いた大人の塗り絵ポストカードです ポストカードは小さくて手軽に塗れます 反面小さいということは絵が細かいということですね   花、動物、景色などなどたくさんあります ポストカード塗り絵作品は完成後に親しい方などのに送られると とても喜ばれたというお話も伺っています   大人の塗り絵はこんな楽しみもあり……
50歳、これからの生き方を考える
現在新型コロナウイルス感染症の対策で在宅勤務やテレワークなど 働き方に変化が起きています テレワークなどは今後のビジネスでは特別な事ではなくなると思います そんな中40歳代後半から50歳位のビジネスマンは現在何を考えていらっしゃるのでしょうか   私は43歳の時に銀行を辞めて新たな仕事を探して色々と遣ってきました 理由は”退職なくいつま……