何かを身に付けるのに大事なことは

私は以前も書いいたと思いますが40歳の時に仕事以外で

何かを身に付けたいと思い絵を描くことを始めました

 

40歳は私にとっては人生の折り返し地点だったのです

後半人生は新たなものを身に付けて一生涯の遣り甲斐を見つける

という思いからでした

今の時代だったら”独立起業”もあったかもしれません

 

そして絵を習い始めたのですがそう簡単には上手くなるわけはありません

絵画教室ではひたすらデッサンに挑戦する日々でした

ただただ石膏や花や静物をしっかりと観察して描いていきました

しかし、人生は色々なことが起きるものです

勤め先の銀行が破綻して転職をすることになり絵の勉強できなくなりました

 

そして8年くらいたった時塗り絵講師をしないかと声が掛かったのです

それから大人の塗り絵を学び何回も塗り絵を勉強していくことになりました

ここでもやはり突然上手くはならないのです

時間を作りコツコツと色を探して色を作り塗って行く練習を繰り返しました

少しずつ一歩一歩進めることが大事であることも塗り絵から学びました

特別な技術は天才にはあるのかも知れませんが私のような凡人にはありません

しかし、基本を何回も繰り返すことはできます

結果的に世の中で匠と称される方は皆さんコツコツと同じことを何回も

くり返しくり返し行い時間を掛けて身に付けていったのです

実はこれが本当に何かを身に付けるコツだと私は思います

 

なかなか納得のいくことは身に付くまでには時間は掛かりますし

実際に納得できるかもわかりません

しかし、一歩一歩進めることが結果を生むのは間違いありません

関連記事

大人の塗り絵で自然に身に付くすごいスキル①
今回から3回にわたって”大人の塗り絵”に取組んで身に付くスキルについて書いて行きます   1、 下絵を深く観察するという事はそのもの自体に興味を持ち視覚以外の点にも深く入る事になる。すなわち、傾聴力の耳で聞くだけでなく目で見る、心で感じる事が出来るという事です 2、 理想の下絵を深く観察するという事は、その意味を考える事になり色々な角……
大人のぬり絵で感じること
私はほぼ毎日大人のぬり絵に関する仕事をしています そこで多くの方の塗り絵作品を拝見していますがどの作品も本当に丁寧に 色を塗られて驚いています その中で生徒さんから質問を受けるのですが 「ここの色が思うように出ないのですが何色を塗れば良いのですか?」 その時私は下絵を更に良く見る事にしています この時は色を見るのも当然ですが描かれている絵がど……
経営者が描くビジョンで社員を動かす
経営には”ビジョン”が必要であると言われる そのビジョンを社員に浸透している経営者はどれだけいるのでしょうか 「いつも言っている」 「機会があれば言っている」   経営者はそのビジョンを心から描き作っていますか そこに向かって自ら行動しているのでしょうか 社員が共感して行動しなければ会社は成長・成功しません   今の時代……
11月3日(日)塗り絵アートカフェ
“塗り絵アートカフェ” 開催場所は、武蔵小金井の住宅街にある “ブルーメンハウス” というとても癒されるカフェです 定期開催をしています 毎月第一日曜日 午後2時~4時 参加費 2,000円(お茶とお菓子が付きます) 教材(塗り絵題材)、画材(クーピーペンシル)はご用意します 定員 13名(事前予約をお願い致します) 住所   東京都小……