何かを身に付けるのに大事なことは

私は以前も書いいたと思いますが40歳の時に仕事以外で

何かを身に付けたいと思い絵を描くことを始めました

 

40歳は私にとっては人生の折り返し地点だったのです

後半人生は新たなものを身に付けて一生涯の遣り甲斐を見つける

という思いからでした

今の時代だったら”独立起業”もあったかもしれません

 

そして絵を習い始めたのですがそう簡単には上手くなるわけはありません

絵画教室ではひたすらデッサンに挑戦する日々でした

ただただ石膏や花や静物をしっかりと観察して描いていきました

しかし、人生は色々なことが起きるものです

勤め先の銀行が破綻して転職をすることになり絵の勉強できなくなりました

 

そして8年くらいたった時塗り絵講師をしないかと声が掛かったのです

それから大人の塗り絵を学び何回も塗り絵を勉強していくことになりました

ここでもやはり突然上手くはならないのです

時間を作りコツコツと色を探して色を作り塗って行く練習を繰り返しました

少しずつ一歩一歩進めることが大事であることも塗り絵から学びました

特別な技術は天才にはあるのかも知れませんが私のような凡人にはありません

しかし、基本を何回も繰り返すことはできます

結果的に世の中で匠と称される方は皆さんコツコツと同じことを何回も

くり返しくり返し行い時間を掛けて身に付けていったのです

実はこれが本当に何かを身に付けるコツだと私は思います

 

なかなか納得のいくことは身に付くまでには時間は掛かりますし

実際に納得できるかもわかりません

しかし、一歩一歩進めることが結果を生むのは間違いありません

関連記事

塗り絵が上達すると次に何が起きるのか?
私は大人の塗り絵講師をして11年を越えました いままで多くの方と大人の塗り絵を一緒に楽しみながら塗り絵を お教えしてきました   最近サークルメンバーの方から話しかけられました 「大人の塗り絵をしてきて自分なりに思うように塗れるようになりました そんな中で最近はアレンジを描くことが面白くなってきます 塗り絵から簡単なスケッチ出来るよう……
追い込まれた時にやるのか?やらないのか?
引かない自分の人生を振り返ると色々な場面で追い込まれていたことに気づきます 学生から社会人にとなり社会にでるとき 事務職から営業職に異動になったとき 目標達成が組織の使命でそのリーダーとなったとき 勤務先の銀行が破綻してその先をどうするか決めなくてはいけないとき 転職先の仕事に自分は適応できないが働かなくてはならないとき 独立起業が思うようにでき……
12月25日(水)第73回生き方と塗り絵の支援塾開催
  《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)……
コロナを避けて森林浴をする
コロナによる外出自粛が続いてきました 6月1日からはステップ2気持ちも変わり仕事や学校へ動きだしました その前日家に籠っていた長い日のストレスを開放するために 3蜜を避けて奥多摩まで行ってきました   奥多摩駅前は殆どお店も休業中で人も少なかったです 多くの木に囲まれ澄んだ空気を味わうことが出来ました 奥多摩に来たのは10年振りくらい……