追い込まれた時にやるのか?やらないのか?

引かない自分の人生を振り返ると色々な場面で追い込まれていたことに気づきます

学生から社会人にとなり社会にでるとき

事務職から営業職に異動になったとき

目標達成が組織の使命でそのリーダーとなったとき

勤務先の銀行が破綻してその先をどうするか決めなくてはいけないとき

転職先の仕事に自分は適応できないが働かなくてはならないとき

独立起業が思うようにできず結果がでないとき

 

私はそんなときどのように判断して決めてきたか?

「やるしかない!」と腹を括り行動を始めました

「ダメだ、もうやめる」とは思いませんでした

 

正直やリたいことだから挑んだというよりも追い込まれて進んだということです

ポジティブに自分がやりたいのだから挑戦するというよりも追い込まれてたので

「仕方なくやるしかない」とガムシャラに進んだのです

 

現在多くの方が仕方ないからやると考えていると思います

しかし、その先に何があるのでしょうか?

やり遂げた安堵感、達成感なのですか

私はやり遂げたと感じた後の状態にあるのかもしれません

 

人生は100年時代とも言われるようになてきました

もう一度人生をどう生きたいのか?

何をしたいのかを考えて行動していくことにしました

死ぬまで学び挑戦する人生を歩んでいきます

関連記事

何かを身に付けるのに大事なことは
私は以前も書いいたと思いますが40歳の時に仕事以外で 何かを身に付けたいと思い絵を描くことを始めました   40歳は私にとっては人生の折り返し地点だったのです 後半人生は新たなものを身に付けて一生涯の遣り甲斐を見つける という思いからでした 今の時代だったら”独立起業”もあったかもしれません   そして絵を習い始めたのです……
ラジオで大人の塗り絵の話をしました
5月に2つのラジオ番組から出演の依頼をいただきました どちらも外出自粛の中で人気が出ている大人の塗り絵とは というような内容でした   J-WAVE「MAKE MY DAY」(5月17日) 静岡放送SBSラジオ(5月27日)   ・塗り絵と大人の塗り絵の違いとは ・コロリアージュと私のお教えしている大人の塗り絵の違い ・……
4月22日(水)第77回生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり、その絵の線画……
仕事に遣り甲斐を感じていますか?
最近コーチングをしていて感じるのは仕事に対する考え方の変化です 以前仕事は学校を卒業して社会に出ると誰でもする事と考えて仕事を選び働いた その仕事の内容よりも会社や給与ということを考えて選び就職をした これは私が社会人になった時の考えだと思いますが   今はその点が大きく変わって来ていると改めて感じています 仕事に遣り甲斐を求めている方……