追い込まれた時にやるのか?やらないのか?

引かない自分の人生を振り返ると色々な場面で追い込まれていたことに気づきます

学生から社会人にとなり社会にでるとき

事務職から営業職に異動になったとき

目標達成が組織の使命でそのリーダーとなったとき

勤務先の銀行が破綻してその先をどうするか決めなくてはいけないとき

転職先の仕事に自分は適応できないが働かなくてはならないとき

独立起業が思うようにできず結果がでないとき

 

私はそんなときどのように判断して決めてきたか?

「やるしかない!」と腹を括り行動を始めました

「ダメだ、もうやめる」とは思いませんでした

 

正直やリたいことだから挑んだというよりも追い込まれて進んだということです

ポジティブに自分がやりたいのだから挑戦するというよりも追い込まれてたので

「仕方なくやるしかない」とガムシャラに進んだのです

 

現在多くの方が仕方ないからやると考えていると思います

しかし、その先に何があるのでしょうか?

やり遂げた安堵感、達成感なのですか

私はやり遂げたと感じた後の状態にあるのかもしれません

 

人生は100年時代とも言われるようになてきました

もう一度人生をどう生きたいのか?

何をしたいのかを考えて行動していくことにしました

死ぬまで学び挑戦する人生を歩んでいきます

関連記事

4月25日(水)第53回 集中力アップ!ビジネス脳が冴える大人のぬり絵カフェ
集中力アップ!ビジネス脳が冴える塗り絵カフェ 皆さんは“ぬり絵”にどんなイメージをお持ちですか? 「子供の頃にやった」「色を好きに塗って仕上げる」「色を塗るだけで面白くない」 そんな概念を変えるのが“大人のぬり絵”です。現在、東京中心に神奈川、埼玉でサークルや教室で大人のぬり絵をお教えしています。 大人のぬり絵講師として10数年“大人のぬり絵”の楽し……
仕事に対する意味をどう考えるか
私は以前も書きましたが銀行員を43歳までしていました 大学を出てすぐに就いた仕事でした 約20年間この仕事が自分に与えられて役割と思い励んでいました   しかし、今振り返ると仕事を決めた時にそのようなことを考えて決めたか? というとそうではなかったと思います 周りの人が社会人になり仕事をするから自分もしなくてはいけない 働くならどんな……
60歳以降をどう生きるか?
私は今年62歳になりました 私が銀行員として現役で働いていたころには60歳は定年の年でした 60歳以降は退職金を貰い年金で悠々自適に余生を楽しむという考えが 一般的だったと思います   今更ですが現在はそのように生きられる人はとても少ないのではないでしょうか 年金としてあるいは貯蓄として生活がしっかりできる方もいると思いますが 以前の……
3月25日(水)第76回生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり、その絵の線画……