塗り絵で黒いところをどう描くか

今週の金曜日で埼玉県川越市で開催している大人の塗り絵教室が終了します

全8回のコースですが皆さんとても素敵な塗り絵作品を描き上げて下さいました

(今週が最後ですが)

 

ここで皆さんにチャレンジしていただいた塗り絵は”ざるかぶり犬”でした

犬には黒い部分(頭、目、体の一部)がありここをどう塗るかが課題でした

お使いいただいたクーピーには黒色は用意されていませんでしたので

黒色をどのように作り塗るか皆さん悩まれていました

 

テキストには黒色の出し方(混色の仕方)が出ていますがなかなか

ご理解いただけなかったようでしたが紺色、焦げ茶色、緑色、赤色を

混ぜて黒を出していただきました

 

なぜ混色して黒色を出すのでしょうか?

それは黒い部分の意味を考えて塗っていただきたいからです

ただ黒色を塗るだけでは絵の本来の意味が描けないのです

 

暗い部分にはその意味と見えない部分の形があるのです

そこを考えるとただ黒色を塗っただけでは絵は描けないのです

このように考えて塗り絵をするのが大人の塗り絵なのです

色を作り、下絵の意味を考える、それを表現する…なかなか難しいですね

大人の塗り絵の面白いところで人気がある点だと思います

2011/11/ 3 11:31

関連記事

新聞社の取材に応じました(読売新聞)
先月読売新聞社さんから大人の塗り絵に関して取材をしたいとの依頼がありました 内容はシニアの皆さんに対する大人の塗り絵の効果というようなものでした そこで葛飾区で開催している大人の塗り絵サークルをご紹介しました 皆さんが大人の塗り絵をどんな気持ちでやっているのか? 楽しいのか? そんな効果があるのか? などの質問を受けたよ……
7月24日(水)第68回生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり、その絵の……
ブルーメンハウス大人の塗り絵作品展開催
本日より28日(月)までブルーメンハウス大人の塗り絵教室の皆さんの 作品が展示されています 50作品どれも綺麗で素敵に描けています 1年間掛けて描いて力作です 一人で複数の作品を展示されてる方もいらっしゃいます 皆さんのペースで丁寧に細部のこだわって色を作りだし表現しています 私も開催中は出来るだけ会場に……
10月8日塗り絵アート教室(大人の塗り絵)
塗り絵アート(大人の塗り絵)教室 皆さんは“塗り絵”にどんなイメージをお持ちですか? 「子供の頃にやった」「色を好きに塗って仕上げる」「色を塗るだけで面白くない」 そんな概念を変えるのが“塗り絵アート”です。 東京中心に神奈川、埼玉でサークルや教室で塗り絵アートをお教えしておりましたが、ご参加いただきました皆様からいつも決ま……