大人の塗り絵は下絵の観察力で差が出る

日頃から大人の塗り絵を描いていて感じるのは観察力の大切さです

毎月生徒さんの大人の塗り絵をたくさん拝見しています

絵の種類もたくさんあり皆さんの好きな絵を塗り絵していただいているので

アドバイスをするのは私も勉強させていただいています

 

下絵をよくよく見ると微妙な色の雰囲気、絵の室の違いに気がついて自問します

「ここの色は何色だろう、何色が混じっているのかな」

「なぜここにこの色を塗っているのだろうか」

「色だけでなく明るさが違うように感じるのだけど」

「描く物の質感が違うのでそこを意識して色を塗ればいいのかな」

 

そして色出しに挑戦するのです

大人の塗り絵は単色では塗りません

混色、色作りだと私は考えています

皆さんもぜひ色々な色を混色して自分の思う色を作って塗って下さい

関連記事

葛飾区シニア活動支援センターでの大人の塗り絵教室が終わりました
本日葛飾区シニア活動支援センターで行っていた大人の塗り絵教室 全8回コースが終了しました 今回もご参加いただいた皆様はとても上手に大人の塗り絵を完成されました 毎回初めて参加の皆様ですが8回の講座で見事に塗り絵をマスターされます ただ大人の塗り絵はここからがスタートだと考えています   色作り、混色、消しゴムの使い方、塗り方の工夫………
色鉛筆は何色あれば良いのか
私は普段色鉛筆を使って大人のぬり絵をしています また、サークルでも多くの方に色鉛筆でお教えしています   大人の塗り絵体験教室が開催されるとよく訊かれる質問があります 「色鉛筆は何色揃えればいいでしょうか?」 確かに多くの方が色鉛筆をお持ちだと思います 12色、20色、24色くらいのセットが多いのではないでしょうか   誰……
大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑧
下絵を実際の花や葉と考えてその構造を理解して色を塗る どんな形でどのような状態なのかを理解して塗る(若い状態か成長した段階か)   花の大人にぬり絵をしていると色を探して塗っていきますが 色探しに夢中になると本来の花の色や形を忘れている時があります 「ここはピンク色、ここは赤色、この部分は紫色かな」 「ここは暗くて黒っぽいから黒色かな……
1月12日(日)塗り絵アートカフェ開催
“塗り絵アートカフェ” 開催場所は、武蔵小金井の住宅街にある “ブルーメンハウス” というとても癒されるカフェです 定期開催をしています 毎月第一日曜日 午後2時~4時 参加費 2,000円(お茶とお菓子が付きます) 教材(塗り絵題材)、画材(クーピーペンシル)はご用意します 定員 13名(事前予約をお願い致します) 住所   東京都小……