大人の塗り絵は下絵の観察力で差が出る

日頃から大人の塗り絵を描いていて感じるのは観察力の大切さです

毎月生徒さんの大人の塗り絵をたくさん拝見しています

絵の種類もたくさんあり皆さんの好きな絵を塗り絵していただいているので

アドバイスをするのは私も勉強させていただいています

 

下絵をよくよく見ると微妙な色の雰囲気、絵の室の違いに気がついて自問します

「ここの色は何色だろう、何色が混じっているのかな」

「なぜここにこの色を塗っているのだろうか」

「色だけでなく明るさが違うように感じるのだけど」

「描く物の質感が違うのでそこを意識して色を塗ればいいのかな」

 

そして色出しに挑戦するのです

大人の塗り絵は単色では塗りません

混色、色作りだと私は考えています

皆さんもぜひ色々な色を混色して自分の思う色を作って塗って下さい

関連記事

大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑬
茎、枝、幹は基本的には円柱形なので光の方向を意識して塗る   皆さんは植物の枝や茎そして幹などをそのように意識してぬり絵をしていますか? 基本的には植物の枝や幹は円柱形になっています 円柱に色を塗って丸みを見せるにはどこに気を付ければ良いかですが 光の方向と影です 木の枝は概ね横方向に伸びていますね そうすると自然と上から光が当た……
5月11日(土)塗り絵アート教室
塗り絵アート(大人の塗り絵)教室 皆さんは“塗り絵”にどんなイメージをお持ちですか? 「子供の頃にやった」「色を好きに塗って仕上げる」「色を塗るだけで面白くない」 そんな概念を変えるのが“塗り絵アート”です。 東京中心に神奈川、埼玉でサークルや教室で塗り絵アートをお教えしておりましたが、ご参加いただきました皆様からいつも決まった場所での教室開催の……
11月30日(木)より多摩市聖蹟桜ヶ丘にて大人のぬり絵作品展開催
今回で10回目となる「多摩市福祉施設大人のぬり絵作品展」が開催されています 場所は聖蹟桜ヶ丘にあるブリッジギャラリー(5F) 開催期間は11月30日から12月5日までです   今回は福祉施設ご利用者様だけでなく多摩市内で活動している 大人のぬり絵サークルの皆さんの作品も多く出展していただいております 作品数は150点を超えており……
大人のぬり絵を上手に塗るコツ⑮
下絵の主題部分から塗ること(メインから塗る) 動物は特に目から始める(大事なところから)   皆さんは大人のぬり絵を始める時にどこから塗り始めますか? 私もよく生徒さんから質問をいただきます 基本はどこからでも構わないし好きな所から塗り始めれば良いと思います ただし、動物や人の塗り絵をする時には”目”から塗り始めるのをおすすめします……