2年ぶりに胡蝶蘭が咲きました

2018年7月に初めて個展を文京区西方にあるギャラリー”river”さんで

開催しました

その時に大人の塗り絵教室の生徒さんからお祝いに胡蝶蘭をいただきました

個展終了後も長く綺麗に咲いてくれていました

しかし、やはり生き物ですから数か月後には花は枯れてしまいました

 

それから2年が経ち何と花がまた咲いてくれました

普段妻が世話をやいてくれていました

また咲いた花からお前ももっと頑張れと言われているように感じます

今年は更に大きな絵を描こうと思っています

皆さんに観ていただいて元気になれるような絵を目指します

 

関連記事

セカンドステージをどう生きようかと考える
私はいまでいくつかの企業で働いてきました 50歳を前に考えたのは自分の遣りたいことで仕事をしてみたいと いうことでした   大手銀行で長年勤め、その後営業職をいくつかしながら会社勤めを続けていました その時は何のために仕事をしているのか? などとは全く考えませんでした 「生活の為」「家族を養うため」「当然学校を卒業したら定年まで働く」……
人生を変える大人のぬり絵
人生を変える大人のぬり絵とは 日本人で“ぬり絵”をしたことのない人はいないのではないでしょうか。子供の頃には色々な物・景色・キャラクターなどのぬり絵があったし、自分が思うように塗る事が出来て楽しくてやりましたね。では、大人になるとなぜ塗り絵をしなくなってしまうのでしょうか? 「塗り絵は子供のやるもので大人は絵などを描くこと」 「自分には絵の才能がないの……
大人のぬり絵は違う世界を見せてくれた
いままでも書いてきていますが私は絵に関しては素人です   全く絵に関わることには縁がありませんでした ただし、人生の半分を過ぎたと感じた時に絵との繋がりが始まりました   「絵を描いてみたい」 40歳の時に思い付いたのです とても地味な考え方でしたが60歳まで絵を描いていればそれなりの絵 を描けるようになるだろうと考えたの……
何事も長く続けるコツがある
いくつかの大人の塗り絵サークルをご支援させていただいておりますが 長く続くサークルには秘訣があるのでしょうか   なかなか会員(メンバー)が増えないサークルから質問を受けました 「大人の塗り絵の楽しさを知っていただき楽しそうに当初は参加して 下さるのになぜ長く続かないのかな」   私は大人の塗り絵教室も最近始めていますが教室……