大人のぬり絵の上手に塗るコツ①

「同じ色を多く塗っても色は濃くはなるが暗くはならない」

 

ぬり絵をしていると思うように色が出せないときがある時があります

その時何をしようとするかというと

同じ色を一所懸命に多く塗り込んでいます

確かにその色は濃くはなりますが暗さは出ないということです

 

ここでちょっと考えて欲しいと思います

明暗を着ける、特に暗くする時にはどうしたら良いだろうか?

・黒っぽい色を重ねる(焦げ茶色、紺色、グレー、黒)

・補色を意識して重ね塗りをする(例えば、赤色なら緑色)

意外な色を塗ることが微妙な暗さや影の部分を作ることができるということです

この辺が大人のぬり絵の醍醐味でありコツなのです

補色を塗る勇気も必要だし多くのぬり絵をして経験していくことが必要です

ちょっとした挑戦が楽しさになるのです

関連記事

大人のぬり絵で感じること
私はほぼ毎日大人のぬり絵に関する仕事をしています そこで多くの方の塗り絵作品を拝見していますがどの作品も本当に丁寧に 色を塗られて驚いています その中で生徒さんから質問を受けるのですが 「ここの色が思うように出ないのですが何色を塗れば良いのですか?」 その時私は下絵を更に良く見る事にしています この時は色を見るのも当然ですが描かれている絵がど……
4月27日(水)第98回生き方と塗り絵の支援塾
《生き方と塗り絵の支援塾》 皆さんは塗り絵に対してどのようなイメージをお持ちですか? 塗り絵は子供の頃にみんなやっていますね。花や動物や風景、好きなキャラクターの線画に好きなように色を塗っていく楽しい遊びという感じでしょうか 私がお教えしている塗り絵はちょっと違い、大人の塗り絵というものです。どのようなものかにいうと下絵(見本の絵)があり……
4月9日(土)塗り絵アート教室(大人の塗り絵)
塗り絵アート(大人の塗り絵)教室 皆さんは“塗り絵”にどんなイメージをお持ちですか? 「子供の頃にやった」「色を好きに塗って仕上げる」「色を塗るだけで面白くない」 そんな概念を変えるのが“塗り絵アート”です。 東京中心に神奈川、埼玉でサークルや教室で塗り絵アートをお教えしておりましたが、ご参加いただきました皆様からいつも決ま……
本日の生き方と塗り絵の支援塾を終えて
本日は毎回ご参加いただいている方と塗り絵の基本的な塗り方について お話をしました 大人の塗り絵はかなりポピュラーなものになって来たと思います 初めて大人の塗り絵を体験した方は皆さんおっしゃいます 「結構難しくて奥が深いのですね、けどとても楽しかったです」 大人の塗り絵は見本の観察と色作りが基本となります ただし、誰でも上手に塗れるようになるのも大……