人との繋がりを大事にする

私が今の仕事を知られるのは多くの人のお陰です

私は出会った人を何かの縁があって出会ったと考えています

偶然といってもこの広い世の中で出会う事は奇跡でもあります

 

子供の頃は生活の範囲が狭かったのですが

大人に近づくほど生活範囲は広がって行きます

 

街に出れば多くの人がいます

しかし、知り合い話をする人はごく少数の人です

ましてや仕事を一緒にしたり、何かの行事に一緒に参加するのは本当に偶然です

 

何か声を掛けたり掛けられたりしなければ絶対に繋がりません

また繋がりを切ることは簡単です

しかし、その繋がりを復活させようとするのはとても大変な事になります

 

なので、私は人との出会いを最大限大事にしていますし

繋がりを自ら切るようなことはしません

相手の方から切られてしまうのは仕方ありませんが

 

そして、今の仕事はこの繋がりがきっかけとなりあるのです

無理に繋がる必要はないと思いますが偶然でも出会いは大事にすることです

 

人生はどれだけの人と出会い繋がったかが実りあるものになるのです

 

関連記事

目標設定が人を動かすエネルギーになる
私が銀行員として営業をしていた時の話です 営業なので毎年目標が設定されます   昨年実績 期待度 支店全体の目標数字 担当する地域やお役様の状況 営業経験年数 などなどを勘案して作成されました   その数字を見った時の気持ちは 「ま今年度も大変なノルマだな」 決して楽しみという感情ではありませんでした しかし、ま……
おじさん起業を決めたのはなぜ
今日は自分が起業をした時を振り返ってうと思います 私が起業を考えて行動したのは13年前になります まだ世間ではシニア起業などという言葉はあまり使われていませんでした いわゆる若者が新たなビジョンに挑むための企業という考えが一般的だったと思います   そんな時なぜ起業をしたのかいうと人生の後半をどのように生きたいかいう考えが 私の中で……
今の自分があるのは出会った方々のお陰です
ふと社会人として始めた務めた銀行員時代を振り返ることがありました 今月で勤務していた東京相和銀行が破綻して20年が経ちました 入社最終面接の時面接を受けたのは会長でした その後多くの支店長に仕えましたがどの支店長も色々と私を指導して下さいました 仕事の仕方、お客様との関係性、部下の育成方法、リーダーシップなどなど   破綻後私は自分の仕……
Web会議でグループコーチング
先日あるクライアント企業さんの地方営業所へ行って コーチングのご依頼をいただきました   社長さんとセッションをしている時に 「〇〇営業所なんだけど何とかしたいんだよな」 「どうなさりたいのですか」 「もっと頑張ってもらいたい...けど俺が行くと社員が委縮してしまって」 「私が伺って皆さんのお話をまずは聴いてきましょうか」 「そうで……